MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TOYOTA 222D 19

今日はCピラー周りを作業しました。まずはCピラーの根本にあるガーニッシュです。もともとキットにモールドがあるのですが左右対称ではないしイマイチな形状なんですでに削り取ってあります。
0.3mmプラ板を彫刻機にて加工。4本あるスリットは幅0.4mmで0.2mmのリブを残しています。両サイドにちょっと太目のリブを残し全体の幅を3mmとしました。加工状況が分かりやすいように赤のマッキーでプラ板を塗って削ったところが白くなるという仕組みです(カニカマみたいですね)CIMG6664.jpg
出来上がったプラ板からカッターで台形に切り出します。ちなみに一本で左右2個分作るつもりが1個分しか採れずもう一度同じ作業しました(ToT)CIMG6669.jpg
ここにはブローバイらしきホースが出てくるのですが、それは複製後に作業します。
続いてその上にある給油口?部分です。まずは左右対称になるように細切りのマスキングテープで位置を出します。そこへ彫刻機にて穴を開けます。CIMG6670.jpg
位置はバッチリだったのですが、どうも穴の角度が気に入らなかったのでドリルで穴を開け穴の角度を調整。そこに入るパーツを黒のABSから削りだしました。穴の中にC面があるのでそれも再現してます。もしかするとWAVEやコトブキヤのアフターパーツ(ノズルとかダクトとか)でちょうど合うサイズが合ったかも・・・CIMG6692.jpg
それをボディーにはめて接着。CIMG6693.jpg
隙間を黒瞬着で埋め仕上げます。先日加工したリアフェンダーのダクト周辺のパテも一緒に仕上げました。CIMG6698.jpg
最後にリアカウル上面のヒンジ部分の凹みをデザインナイフとキサゲで表現しました。ヒンジはまた037のものを使う予定。CIMG6699.jpg
この後滑らかになるようにパテ盛って本日は終了。長かったですがこれでボディーは一応形になりました。あとは裏側を平面にしてフェンダーアーチを薄く削るのと表面の仕上げのみです。

問題は複製だな・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/04/18(土) 21:31:17|
  2. TOYOTA 222D

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。