MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LANCIA DELTA S4 STRADALE

いきなりですがボディーは80%終わってます(笑)
ホビーフォーラム2008用のレガシィーがうまくいかず放置しているときに手をつけてしまったブツです。
LCJの月例ミーティングにお呼ばれした時ECVだけではなんなので何か持っていこうと思い、S4ストラダーレのオーナーさんもいらっしゃるとのことで一気にやっちまいました。
DELTA S4

ベースはKENさんからいただいたS4コンペティツィオーネ(以下コンペ)です。これはトランスキットの物ではなくKENさんがマルティニのS4を製作されていたときに放出された物です。CIMG0277.jpg
まずはストラダーレとコンペの違いを知るため家にあるランチア関連の資料の中からS4のストラダーレが載っている物を集めてみました。CIMG6016.jpg
これ以外にネコパブのスーパーカークラシックVol5があるのですが見当たりません・・・たぶん実家だな。もしストラダーレを作ろうと思っている方はここまで集める必要は無いと思います、ROSSO3冊とTipoがあれば十分かと。なお左下の方にある赤マルティニが表紙の本とその右の白い表紙の本は洋書とその翻訳版です。内容は同じですが、洋書の方が写真が少し多いです(赤マルティニのプレス写真や86’モンテでリアをヒットしたビアシオン車なども載ってます)。その右にある8VとHF4WDが表紙の本は改定前と改定後。買うなら改定後(8Vが表紙)がお勧めです。16Vまで紹介されていますしECV,ECV2のページも追加されています。
今回はECVの反省を含めちゃんとボディーを複製する予定です(あくまで予定は未定であって決定ではないのであしからず)複製すればマニアックなS4も作れますからね(↓参照)
CIMG5988 コピー(左からストラダーレの開発車両、S4のプレスカー、プレスカー改テストカー、後期テストカー、デビュー直前のテストカー)ちなみにブラーゴの1/43&1/24のミニカーは右から2番目の車両などを参考にして作ってしまったためドアに段差があったりサイドスカート下にエアダムのようなものが付いてしまっているんですね。CM’sの1/64のラリーカーコレクションはブラーゴを参考にしてしまったのでしょう・・・
ROSSOの2006年6月号No.108号によさげな三面写真があるので1/24サイズに縮小コピーします。これが基本となります。とりあえずホイールベース基準で。CIMG5983.jpg
一気に写真が飛びますが、コンペと違う部分は主にケミウッド(前後バンパー・トランクフード・給油コック部&ベンチレーターの埋め)にて製作。フェンダーに付くオーバーフェンダーを削り取りヘッドライトはハセガワの037ラリー、グリルはデルタ(エボ)です。ただグリルは外形はいいのですがデザインはS4と歴代デルタではまったく違うので要修正。ヘッドライトももうちょっと奥目にしないとレンズ入れたときにおかしくなりそうです(汗)CIMG0287.jpg
大雑把に形を出した後細かい部分を作っていきます。フロントバンパーのウィンカーは16Vのものが入るサイズで彫刻機にて掘ります。またバンパー中央下部はラジエーターオイルクーラーなどへの導風のためのぐるりがるのでABSの板&ハセガワのメッシュで製作。CIMG0286.jpg
リアはKENさんがTOTIPのS4を作るときに延長しているので、それを真似て延長。ついでにカットしたリア部分を少し下にずらして接着しています。CIMG5917.jpgちなみに実車ではHF4WDやS4~最終のエボまでテールレンズは共通部品ですが、ハセガワのキットでは16とエボのキットでテールレンズの部品が違います。今回は形状が実車に近い16Vの物を流用します。彫刻機にてテールレンズが入る部分を切削しナンバー部の凹みもきっちり角を出しておきます。またS4のリアにある排熱グリルは中央部が盛り上がっているのでケミウッドを埋め込んで再現。この部分のメッシュは037用が使えそうです(どうせエンジン作らないので穴は貫通させません)。CIMG5976.jpg
トランスキットではKENさんが修正していますがこれは修正前のものなのでリアフェンダー上部をパテで盛り上げていきます。左右対称になるようにRゲージを使い切り出したマスキングを上部に貼り側面にはまっすぐのラインをキープするためマスキングを貼っておきます。この部分にポリパテを盛り15分位たって少し固まったらマスキングを剥がします。あとは完全硬化後に形を整えボディーと滑らかにつながるよう溶きパテを塗って仕上です。この方法だと手軽に左右対称に仕上げられます。CIMG5937.jpg
上の画像でお気づきの方もいるかも知れませんが、ルーフ上のダクト&ルーバー部分は切り取っています。これはルーフを平らにするのに邪魔だったのとストラダーレではここのダクトは塞がれているので別パーツとしました。ABSの2.5厚の板に1.7mm幅で深さ0.25の溝を彫り、台形にカットしたあと淵に0.5mm幅の板を貼って形にしました。CIMG6050.jpgCピラーにあるエンジンルームへの吸気ダクトですがこいつもストラダーレとコンペでは違います。ABSの板を両面加工し断面を再現した後ダクトの形状に切り出します。CIMG5950.jpgボディーに離型剤代わりにマスキングテープを貼りダクトを固定して隙間にポリパテを詰め込んでいきます。パテ硬化後ダクトをボディーから外し裏側を仕上げます。CIMG5981.jpg前後のカウルるを留めるヒンジが入る部分も彫刻機で掘り、サイドスカート部もストラダーレ形状にするため一部ケミで埋め、細めに切った厚手の両面テープをガイドにスジ彫りを行います。CIMG6013.jpg
どうしようか迷ったのですがフロントフェンダー上部もリアフェンダーと同じ方法で盛り上げておきました。CIMG6012.jpgマフラーですがサイレンサーはABS、マフラーパイプはアルミパイプです。向かって手前のウェストゲートから来ているほうは上向き、奥のサイレンサーから出ているほうは下向きにしました。決して失敗したのではなく実車がこうなっているので仕方ありません。なおリアバンパー裏部はバンパーの肉厚薄く見える&マフラーが入るように凹ますように削っておきます。CIMG6045.jpg
まあ内装が違うのは当たり前なんで、カローラWRCのスパルコバケットをベースにシートを作ります。薄くスライスしたケミウッドにハイトゲージで2.5mmピッチで線をいれPカッターとぺ-パーで丸みを帯びるように削ったパーツを貼り付けていきます。CIMG6009.jpg
室内バスタブですがKENさんのトランスキットのものから採寸しABSにて製作。ダッシュボード上面・肘掛・シート間の小物入れはケミウッドです。CIMG6038.jpg
とりあえずリアからの画像も(奥に見えるはECV2のセンターモノコック)CIMG6056.jpg
今年のホビーフォーラムにはWRCのメンバーの方がS4(コンペ)を持ち込むそうなので、会場に持っていって並べて写真撮らせてもらお~っと。来年のホビーフォーラムには完成してるかな・・・???

意外と違いの目立たないグリルですが見比べると別物なので修正。デザイン的には037ストラダーレに近いですね。上下幅を0.3mmほど詰めて左右もセンター部分を0.8mm詰めています。さらにランチアマークを削り取り、エンブレムが収まるよう上部に丸い凹みを付け、全体的に一段削り落とします。CIMG6175.jpg

S4のプレス発表時に使ったフロントホイール製作に続き、ストラダーレのホイールも作りました。10mm厚の黒ABSの板から直径18.5mmの円を削りだし、淵に0.25mmのリムを付けその内側に0.75mmの平面を机います。一段落とし放熱穴としてさらにセンター部が入る凹みをつけます。センター部は別パーツとして直径13.5mmで千番にて曲面に仕上げています。ホイールナット部は裏から凹みをつけ5文字の穴を開けたあとに5穴を開けた別パーツを仕込んでいます。そのご周りに0.6mm幅で15本の溝を切ります。そこへABSの板をはめて中心部に向かってテーパーになるようにしました。CIMG6181.jpg

センターにあるランチアマークの基部は2mmのABSの丸棒を突っ込み、ホイールナットはウェーブのリベットです。フジミのゴルフのタイヤをはめてみましたが、もう少し扁平率が高い方がいいかも(ホイールの直径18mmでよかったかな・・・)CIMG6184.jpg
ホビーフォーラムに向けてきれいに仕上げていたボディーですが、どうもかっこよすぎるので修正。S4のプレスキット(当方が持っているのはフランス版)に真横からの写真があるので定規当てて計算するとドアパネルがちょっと薄いようなので、ドア下を1.5mmのエンドミルでカットして2.5mm幅のケミウッドを入れて18mmとしました。これでズングリムックリしたフォルムになったかな?CIMG6205.jpg
まあ普通の人だったら気にならないんでしょうね・・・当方普通じゃないんで(爆)。
その証拠に以前作った1/43を。これはプロヴァンス・ムラージュの86’モンテをベースにブラーゴの前後バンパーやシートを使ってストラダーレに改造していたもの(左はメイクアップでルーフがつぶれているのでジャンク品として1200円で売られていたメリのキット)。これ作ってたのは今から10数年前です。免許持ってない高校生が作る代物じゃないですよね(笑)CIMG6186.jpg
ホビーフォーラムで刺激を受けていこうやる気満々なので(いつまで続くか分かりませんが・・・)、京も更新。やっぱストラダーレにはこれがいるでしょう。CIMG6218.jpg
はいリアスポです。ABSの板を彫刻機&手加工で削りだし。サフ吹いてないのでお見苦しいですが一応3つのスリットも開いてます(これ複製するのかと思うと先が思いやられる)。
黒い部分はウェーブの黒い瞬着。これ手に入れてからスピードがかなりUPしました。アルテコの瞬間パテは保管方法が悪かったのかきちんと混ぜても硬化せずにドロドロしたまんまなので使ってません、まだ半分以上残ってるのに(ToT)
ホイールの複製に着手しました。外形が少し大きいので1度複製して収縮したものを再び型取り。外形は18.5mmから18.25mm(左から原型・1次複製品・2次複製品)。ホワイトだと形状が把握し図らいので今回からレジンをアイボリーにしてみました。CIMG6255.jpg
ボディーの方ですが、フェンダー上の盛り上げがどうもやりすぎたようなので少し削ります。ルーフも待まっ平にすべくルーフ上の2本の突起を削りパテ盛ってます。しかしストラダーレでこんだけこだわっていたら、コンペのときはどうなることやら・・・後ろに見えるのは国産Sカーです(笑)、掲示板に載せておきます。CIMG6253.jpg
屋根がほぼ平らになったので削り取ってしまった突起を再生します。もう一個のボディーから採寸しABSにて製作。それからスジ彫りを太くしました。通常グラインダーで細くしたタミヤのPカッターで彫り、その後NTカッターで深くしています。プラモだと調子に乗って彫っているとすぐにドアやトランクが別パーツになります(笑)。ただグループBカーは結構クリアランスが広いのでね。CIMG6282.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/11/20(木) 01:36:22|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。