MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ランサーエボリューション テストカー

結局模型は触らず、今月もHPIの新製品発売日が・・笑

今月はランエボのモンテとテストカーです。
巷ではライトポッド付きシュワルツ車が人気のようですが、当方のお目当てはテストカーです!!
個人でテストカー3台買ってる人間は当方くらいだろうな・・・・

テストカー出してくれたHPIに感謝(まあお店ではテストカー売れずに余ってそうだけど・・・・)IMG_2749.jpg

さて今回はランサーエボリューションテストカーについてのお話。
今回HPIがモデル化したのはこちらの仕様。
92年11月11日から行われたモンテテストで、エリクソンとまだトヨタに在籍していたシュワルツによってドライブされたときの仕様です。モンテテストカー

もちろんテストカーですから複数台存在し、同一車両でもテストの時によって若干仕様が変わります。
まずはかなり初期段階のテストカーで、サイドにマーキングがあります。
周りのスタッフを見ると場所は国内(岡崎?)と思われますね。国内テストカー

こちらも国内で、上の車両と同一かもしくは別の車両。当時はラリーX(92’1000湖号)などにもこのテストカーの写真が載ってました。またNHKのWRC年末スペシャルにて国内でのテストの映像が流れていました(ドライバーはエリクソン)。
今回発売されたテストカーとの相違点としてはルーフベンチレーターの有無、サイドの車名ステッカー、ボンピンの向き(縦)、フロントの曇り止めの形、フロントのマッドフラップの色などです。国内テストカー初期

こちらも国内で、ラリーアートジャパン製のサファリ用篠塚車です。
この時はエンケイのマグホイールを履いています。RAJ サファリテストカー

こちらはラリーアートヨーロッパにて極初期に使われたテストカーで、リアスポイラーの形状からして1800のボディーを使っているテストカーです。RAE1800ボディテストカー

93モンテテストも1回ではないですから別バージョンが存在します。
こちらはナンバーこそ同じですがフロントバンパーのPIAA・ミシュランビバンダム、フェンダーのMICHELIN、リアフェンダーのラリーアートステッカーがないタイプです。
またドアミラーが付いて、フロントガラスの熱線も本番仕様と同じタイプの物が入っています。IMG_2745.jpg

さらにモンテテスト別バージョン。こちらは上記の車両とほぼ同じですが、フロントガラスに熱線が入っていません。モンテテストカー別バージョン

こちらは94’モンテに向けてのテストカーです。3色ストライプが入っているのが特徴ですね。94モンテテストカー

こちらは国内でのエボⅢテストカーです。ボディーサイドの蛍光グルーンのマーキングの意味は分かりません(光電管とかのセンサーでなんか拾うのにつかったのか?)。
ただこれは完全なるエボⅢなのか、国内にあったエボⅠorⅡを仕様変更してⅢにしている可能性もあります。
国内エボⅢテストカー

こちらは95’コルスにむけてのエボⅢのテストカーでドライバーはマキネン。アギーニは本番直前車を壊し、急遽テストカーを本番使用に仕立てて車重が重いままの出走(本番車はターマック専用ということもありかなり軽量化してある)となりました。コルステストカー

オマケですが、ラリーカー開発の傍らで市販車も同時に持ち込んでテストしてました。ナンバーの「フィーリング」が面白いですね。三菱は岡崎でテストするときは「試走」と書いてあるナンバーを付けたりもしています。生産車テスト


今後もランエボはバリエーション展開が進んでいくようですね(もうエボⅢまで予約がはじまってます)
43スケールのミニカーだとアルタヤ(IXOの別ブランド)でラリーカーが、また国産名車コレクションでIXO製のエボⅠ市販車が出ているだけです。
HPIが決定版になることは間違いないですね・・・ただ毎月大量に新製品出されると辛いんですけど・・・笑

早々、最近ショップではHPIは20%OFFだけどMIRAGEは10%OFFってところが増えてきたんですよね
ジョー〇ンとかヨ〇バシとか・・・
出来ればダイキャストはすべてHPI,レジンはMIRAGEってしてほしいのが本音です。

さて完璧かと思われるHPIのランエボについて気になる点があるんですよね。
まずは、誰も気付かないであろうマーキング。
フロントガラス左下にある丸いシールですが、HPIのミニカーでは「12 93」となってます。
モンテの時はこれでよいのですが、テストカーは大きい方が「10」です。
当方くらいしか気付かないし分からないでしょうね・・・・IMG_2744.jpg

あとロールケージの斜交バーなんですが、どうも接合部(赤矢印部)の位置が高いんです。
まあ切って貼りなおすのも面倒なんで、このままにしておきますけどね。
ちなみに篠塚車は右ハンドルなので斜交バーの位置も左右逆になってます(画像の右端)。IMG_2748.jpg

余談ですが、HPIのランエボはラリーカーを分解する時は何の問題もありませんが、市販車をばらそうとした時はマフラーのサイレンサー(タイコ)を外さないとネジが露出しません(他の3個は見えている)。
サイレンサーは接着されていますので、無理やり外そうとすると2本のピンが折れます。
当方は100円ショップで売ってる精密ドライバーの細いマイナスで外しました。
もしやろうと思っている人は慎重に・・・・って、いないか(笑)IMG_2752.jpg





オマケ

HPIのランチアストラトス、当方は市販車・ラリーか全て揃えております。
通常品はもちろんweb限定・イベント限定・ショップ限定・非売品など。

で、つい最近イベント限定のストラトスが出たんですよ。
やっぱり入手しておかないとね。

で、それがこちら↓

IMG_2751.jpg

け、けいおんて・・・・痛車ですか・・・
当方模型実車問わず痛車は興味ありません。
もちろん「けいおん」自体がなんだかも知りません。

でもHPIだし・・・

ストラトスフルコンプしてるし・・

限定20台らしいし・・・

まあ買わずにあとで後悔するのも嫌なんでゲットしておきました。


スポンサーサイト
  1. 2012/08/20(月) 19:01:41|
  2. 散財日記

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。