MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NISSAN SKYLINE 2000GT-R PGC10 2

前回の続きです。
基本的に内装&シャシーはフジミのHT(KPGC10)を使いますが、今回作るのは初期型(44’~45)のPGC10。
当然各部デザインが異なります。
まずはアオシマのキットの物を使うところから。
ダッシュボードは幅を5mm詰めて、天板の下部をカットしてパネルの板が上に付くようにします。
この後ダッシューボード上のスピーカーのモールドを彫りました(ここも年式によってデザインが違うんですよね)。
IMG_1698.jpg

もう一点、センターコンソールもセダンとHTでは違うのでアオシマのキットから。まず長さが短いので後方を延長。
コンソールボックスの蓋の形状が抜きテーパーの関係でおかしいのでABSの黒板で作り直し。後部座席用の灰皿も付けました。
さらにメーターが昔ながらの凸モールドでイマイチだったので基部をプラ板にしてABSの丸棒から作ったメーターを埋め込みます。それと上面が抜けてしまっている形状なのでプラ板で蓋をして角Rをつけて形を整えます。IMG_1821.jpg

バスタブはフジミのHTを延長して使用。
ホイールベースと同じ3mmでよいかと思ったら全然足りません。
7mmくらいは伸ばしたでしょうか。
センターコンソールは削り取り、加工したアオシマのセンタコンソールに合わせてフロアも形状修正。またドアの内張りは切り飛ばし、フジミのPGC10の物の方がアオシマのPGC10より形状がよいのでそっちをチョイス。IMG_1798.jpg

前後のシートもフジミのHTですが、前期セダンと後期HTでは形状も表皮のデザインも違います。(細かく言えばセダンでもグレードによって違うんだよね)。とりあえず表皮の表現は無理なので、ヘッドレストの高さを低くして、表皮の分割ラインを修正。さらに座面先端部分の角をなだらかに落とすように削りこんでます。(右がフジミのHTノーマル・左が加工後)IMG_1825.jpg

リアシートも同様に表皮の分割ラインを直して、背もたれ部上部が角ばりすぎているので削って丸みを持たせます。
またCピラー内側に若干干渉したので上面の両サイドも少し削ります。IMG_1824.jpg

で、いきなりですが完成形・・・途中の写真撮ってませんでした(笑)
リアのスポーカーボード(パーセルセルフボード)は初期型PGC10だとつや消しの平らな板のようなので0.14mmプラ板を貼り再現。
シフトノブはアオシマのキットの物をブーツ部分を皮っぽくやわらかく見えるよう削って使用。
ステアリングはフジミのHTをベースにスポークの一部を加工(一体グリルになった中期はウッドステアリングではなく皮巻きの半艶黒です)。ステアリングコラムはアオシマの物ですが、そのまま付けるとダッシュボードとステアリングが離れすぎるので1.5mmほどカットして使用。
サイドブレーキはフジミのHTのものを拝借。

ダッシュボード・シート・内張りはセミグロスブラックで、フロアマットとスポーカーボードはつや消し黒を吹いてます。
木目表現はラッカー形のタンを吹いたあとにエナメル塗料で再現。
IMG_1839.jpg

続いてシャシーです。
セダンとHTでは70mmホイールベースが違います。1/24だと約3mm。カットしてプラ板等で延長すればよいのですが贅沢にもフジミのHT2台使用(笑)・・黒いのが市販車のキットで白いのはレーシングカーのキットの物。
それと前後の車高ですが、フロントはストラット上部にワッシャー数枚をかまして、リアはデフやドライブシャフトを削って、余ったもう1個のシャシーから同じ部分を切り取ってきて1mm低くなる(=1mm車高が上がる)ようにしました。
IMG_1802.jpg

牽引フックが一体で立体感が乏しかったので削り取ってアルミ線に置き換えました。ここは完成後もよく見えますからね。ホイールハウスの一部が切り取ってありますが、内装のバスタブが干渉したためです。IMG_1830.jpg

タイヤ&ホイールですが、ここは拘りたいところ。GT-Rのノーマルって意外なほどタイヤが細いんです。
まずホイールですが上段左からフジミのHT・アオシマのPGC10・タミヤのHTです。ここは形状が一番近いフジミのHTの物をチョイス。タミヤはデカ過ぎ。
タイヤですが左からフジミのHT付属のピレリ・アオシマのPGC10付属のミシュラン・タミヤのHT付属のブリジストン・タミヤのロータススーパーセブン用タイヤ・ハセガワのZ432R&S30ZG用タイヤ。
ちなみにモデルカーズ38号の作例ではタミヤのクイックデリバリの前輪を使っていますが、フジミのスチールホイールには若干デカかったです。(しかも現在キットは絶版、タイヤもタミヤのカスタマーでは在庫なし。)
フジミとアオシマは太すぎるんで問題外。
タミヤのHT用はトレッド面・サイドウォールとも形状がすばらしいのですが、16インチはあろうかというサイズでガバガバすぎで使えません。
スーパーセブン用はバイアスタイヤならではの雰囲気があってよいのですが、低グレードならともかくGT-Rにはね・・・サイドウォールに彫刻が全くなないし。
そこで模型屋でキットの箱を開けまくって、ハセガワのZ432R&S30ZG用タイヤに行き着きました。ちなみに説明書だとタイヤ4本で650円って書いてあるのにハセガワにメールしたら900円+送料って言われました。
頭にきたので近くのジョーシンオープニングセールで20%オフ+レジで10&オフにてキット購入。

右上が今回使う組み合わせ。ハセガワのタイヤに合わせてフジミのホイール幅を旋盤で詰めて使用します。IMG_1828.jpg

最後は外装について。
まずはグリルです。44グリルはフジミのPGC10のキットにしか入っていません。仕方ないのでキット買ってきたのはいいのですが所詮フジミですね、そのままでは使えません。まずはヘッドライトとグリルに切り分けて、さらにグリル部分は幅を詰めさらに上下3パーツに分割します。それぞれ少しずらして(下の格子は少し奥に行くように)再接着して上下の格子の部分は一体化があまりにもひどいので彫刻機にて溝を掘り直しです。

ヘッドライト部もなに見て作ったのか知りませんが、ひどい形状・・・結局4分割にしてリム外周の形状を出した後、中をくりぬいてヘッドライトが入る穴を開けたプラ板を接着。IMG_1818.jpg

ボディーに付ける直前の写真です。
四角い枠の中身の形状が気に入らなかったので彫刻機で削って、アオシマのグリルから切り取ったセンター部を一部加工して埋め込んでます。GT-Rのエンブレムはアオシマのキット付属のエッチング。ちなみにヘッドライドの間の三角形のような部分には実車ではガラスがはめられているのですが今回はスルー。
この後ライトのリフレクターをABSの板から削りだして接着して、フジミのHTのライトを1個1個彫刻機で丸く削りだして接着しました。
結局フジミのグリル使わずに1から作ったほうが良かったか??IMG_1842.jpg

44のPGC10だとフロントフェンダーに付くウィンカーの形状も違います。
フジミのHTのウィンカーを上下が薄くなるように削って使用(6番のパーツで左が加工後)。
クリアオレンジに塗装後、基部を再現するのにハセガワのつや消し黒のシートを細切りにした物を貼ってます。IMG_1843.jpg

リアバンパーですがフジミのHTをベースに幅を若干詰めてバックランプを埋め、ボディーとの隙間をプラ板で調整しました。
そのままでは絶対折れると思ったのと、今後のことも考え複製。
もう両面取りのために粘土埋めするのが面倒なので、バンパーにプラ棒を接着して足にして一気にシリコンを流して、脱泡。
シリコンが固まったら30度カッターで型を切っていって原型を取り出してレジンで注型。
透明シリコンじゃないから面倒くさいこと・・・

いや~真空脱泡機使ったのどれくらいぶりだろ・・・笑IMG_1838.jpg

オマケで資料の紹介。
元々旧車好きで資料は持っていたのですが、ハコスカに特化した本も集めると結構な数がありますね。
まあぶっちゃけ、ここまで揃える必要はないでしょうけど。
これ以外にもノスヒロやオールドタイマー、J’sティーポ、オートワークス・Gワークス、レトロカー等ハコスカが載ってる本が我が家には数百冊はありますね。
死霊の館ならぬ資料の館(笑)IMG_1917.jpg

先日の展示会で4ドアのスカG(←言い方が古い?)など多くの作品を展示されていた、SEMのLet's GOマサル!さんと相互リンクを貼らせていただきました。
展示会などで知り合った方に「リンクを貼らせてください」となかなか言えない引っ込み思案なのですが、Let's GOマサル!さんのほうから嬉しいお申し出を頂きました♪
Let's GOマサル!さんのHP→Rock a PLA BABY!

IMG_1887.jpg

さて次はいよいよ完成編ですが、ギャラリー用の写真を撮らなきゃ・・・・・汗


追記
リアガーニッシュも幅を詰めて使用します。
またテールレンズの枠が大きいので一回り小さくすべくプラ板で作ってキットのパーツに押し込みます。
さらに角のRを黒瞬着で再現。IMG_1819.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/02/05(日) 21:52:51|
  2. NISSAN SKYLINE 2000GT-R PGC10

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。