MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LANCIA DELTA S4 STRADALE 10

シャシーの複製が終わりました。
流れとしては粘土を取り、離型剤を塗ってシリコンを流して一晩。

RCベルグの180タイプ(グレー)を流し込んで真空脱泡。
見えにくいですがレジン注入口は2箇所開いてます。IMG_0864.jpg

出来上がりはこんな感じ。シャシーの下にはシリコン。その下の真っ白な板は補強をかねたジュラコンの板です。IMG_0866.jpg
上面(複製時は下側になる)は細かい部分までレジンがきちんと流れ、エッジにも気泡がたまってません。さすが真空脱泡!IMG_0869.jpg

ただ裏側には結構気泡があるんですよね。
一番最初の画像を見てもらうと分かるのですが、型の上にレジンが残ってます。
まず型の周りにテープを巻いて壁を作り、型にレジンを流し込みさらに型からあふれるくらいレジンを入れて脱泡。
この時型の中から空気が抜けてきて、真空状態になると沸騰します。その後コックを開けて常圧にすると、空気が一気にデジケーターに流れ込んでレジンを型の中へ押し込みのですが、型の上にあるレジンが少ないと沸騰したときの泡がそのまま型の中へ入ってしまうからなのです。

対策としては型の上にあるレジンを増やせばよいのですが、この部分は捨てるのでなるべくこの量は少なくしたい。しかしレジン注入口にはレジンの高さを稼ぎたい。
ということでアクリルパイプをカットして、型に固定。もちろん内側には離型剤を塗っておきます。
こうすればアクリルパイプ内だけにレジンが貯まっていれば良いのでレジン量が飛躍的に少なくて済みます。
そしてレジンを流し込み脱泡。IMG_0871.jpg

まあこれでなんとか使えそうなシャシーが出来ました
気泡が入ってしまったシャシーは気泡部分をテープで囲み、余ったレジンを流して再利用(笑)

しかし真空脱泡機がないと全く参考になりませんね。IMG_0873.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/04/13(水) 21:41:58|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。