MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパーデルタ

二兎を追うものは一兎も得ず」・・・耳が痛い。
さてほかのデルタも進めつつスーパーデルタまで手を出し始めてます。一気に10数台完成するか、はたまた1台も完成することなく押入れの肥やしになるのか。

さて気を取り直して。今回もベースはハセガワを使います。以前紹介したTCベルグのものは若干歪んでますし、バンパーのスリット開けるのしんどいのでね。

さてまずはハセガワのスーパーデルタのいけないところ(笑)をチェック。
1・ヘッドライトの上下の高さが狭い。
2・サイドステップが全体的に丸く、小さい。
3・キャビンが低く、窓枠の輪郭が甘く左右で違う。
4・リアフェンダーの形状がちょっと変。
5・リアゲートの幅が広い。
まあ文句言えばきりないですが、これしかないんで使います。

左側リアフェンダーから手をつけます。リアドアとリアフェンダーのスジ彫り部を中心に片側0.6mmほど広くします。また上面にもパテを盛り、写真とにらめっこして形状を整えます。CIMG5737.jpg


さらにあらゆる角度からおかしくないかチェックしながら、盛って削ってを繰り返します。ECVと違ってデルタは資料に困りませんね。
さてある程度仕上がったところでリアフェンダーを複製するために大雑把に切り取ります。
さてここで問題点を解決するための荒業をご紹介。ベースには16Vのボディーを使います。フロントセクション・サイドステップ・リアフェンダー・リアバンパーはスーパーデルタから移植します。。CIMG5741.jpg

ちなみにこれは試しにいらない16Vボディ-(赤)に各パーツをあてがったもので、実際には白い16Vのボディーを使います。白いボディーはカスタマーで数台入手済みだし、なんちゃってスーパーデルタ(16Vのキットに93’モンテのデカール付属)もあるので問題なし。CIMG5742.jpg

初めて16V&スーパーデルタのキットを手に入れてから早10数年、今頃気が付いたことが。
この2つのキットってガラス違うんだね~~・・・・ガラスもカスタマーで入手しないと。

切り外したリアフェンダーを左右同じ大きさにカットし、片面取りしやすいように裏を平らにします。方法はジュラコンの板に離型材を吹き、裏にポリパテを盛ったリアフェンダーを押し付けます。30分ほどして若干硬くなったらその隙にデザインナイフで余計な部分をカットしておきます。CIMG5746.jpg
完全硬化後にペーパー&カッターで整え、淵にボディー接着時ののりしろをプラ板&ジャンクボディーから切り出したパーツ出つけておきます。最後にサフを吹いて1000番のペーパーを掛けて複製作業に移ります。CIMG5747.jpg


以前ホイール&ベーンのところで紹介しましたが、サイドステップはキットをベースに拡大します。下側に0.5mm伸ばしリアドアから後ろ側に掛けては側面にもプラ板を貼りサイズアップします。少々オーバースケール気味ですが、16Vなどと並べたときこのくらいじゃないと釣り合いませんので。CIMG5756.jpg
あとリアフェンダーを複製したので、ボディーにハイトゲージでケガキを入れ彫刻機でカット。リアフェンダーをテープで止めてみて様子を見ます。そしてそこに合わせてサイドステップを加工します。とりあえず調整終わったので、この後仕上げをして複製に移ろうと思います。しかしこの赤ボディー使わないんですが、いろいろ役に立ってくれてます。CIMG5755.jpg

複製したリアフェンダーがどうも大きすぎたようでドアノブとブリスター上部が干渉してしまいます。仕方がないのでキットに仮接着して上部を1mm弱削り込みます。また16Vボディーとの接合部分のラインが会わないためパテを盛って修正。CIMG5763.jpg

フロント部分はキットのまま移植を考えていたのですが、やはり納得いかないので、ブリスター上部にパテを盛り形状変更。またヘッドライトの厚みが薄いので矢印部分に切れ目を入れて0.6mmほど幅を広げてあります。フロントフェンダーもリアフェンダー同様複製予定です(数台この作業すんの面倒だし・・・笑)CIMG5762.jpg

リアフェンダーを複製するためにサイズを小さく(上が加工後)しました。上側はブリスターの上面ギリギリまでにして、16Vボディーのドアノブに干渉しない位置へ。また前側はドアのオープニングラインから2.3mmほどの位置に来るように詰めますCIMG5769.jpg

そしてフロント部分ですが、エボのキットノーマル状態を良く見ると左右対称ではありません(ハセガワさんナントカしてよ~~)CIMG5767 コピー

まずは赤い矢印部分の高さが右フロントフェンダーの方が高いので削り込んでいきます(左フロントフェンダーはほぼそのままいけます)。さらに右フロントフェンダーのホイールアーチですが、直径27mmのゲージを当てると青い矢印部分に隙間があり正丸ではありません。ここにはプラ板を貼って対処。
またブリスター上面は資料を見ながら削っていきます・・・・しかし原型師じゃないんだからね~(困)
スーパーデルタの資料には苦労しませんが、やはり本当は2次元の資料だけでなく実車も見て研究したいところ。近所にエボ1に乗っている人が住んでいたのですが引っ越したらしく個々数ヶ月見ません(ToT)。デルタって意外と見かけないんだよね。
CIMG5809.jpg

資料を見ながら左右対称になるように仕上げていきます(左は未加工、右が修正後)
しかし完成までの道のりは長いな・・・

フロント部分を16Vボディーにあてがってみると幅が広いです(グリル部分は幅が狭いくせに・・・)。さらにドアのラインも違います・・・。ドアのラインに合わせフェンダーの方のラインを修正したあと瞬間で仮留めします。その際フェンダー下側は幅が狭いので指で広げておきます。隙間にプラ板を埋め込んでフェンダー側に接着。このとき16Vボディー側に接着剤が回らないように気をつけるのは言うまでもありませんね。接着剤が乾いたらカッター・ペーパーでラインを合わせますが、スーパーデルタのほうが1.5mmほど広いのでフェンダー中央部から絞っていき、なるべく自然なラインにします。CIMG5833.jpg

複製したリアフェンダーとサイドステップもテープで固定して、全体の様子を見ながら仕上げをしていきます。だいぶ理想の形に近づいてきました。ボンネット上部も微妙にライン違うんだよな~・・・汗CIMG5836.jpg

ボンネットはキットのままにしようかと思っていたのですが、ここまできたら修正しようと着手。まずはボンネット&ヘッドライト部分の幅が16Vに比べ1mmほど狭いので、赤い矢印部分にいつものようにタミヤのカッターのこで切り込みをいれカッター分0.3mm+広げる分0.5mmのプラ板をはさみ接着します。さらにボンネット中央部分が広くなってしまうのと、テーパー角修正のため赤く塗ってある部分を削り込んでいきます。CIMG5845.jpg
結局これでフェンダーだけでなくボンネットも複製しなきゃならないし、バンパーの幅も広げないといけない・・・・
牛歩状態ですが少しずつ前進。真上から見た実車写真と見比べるとボンネットのふくらみが落ちていく部分が、フロントガラス側のバルジ(スリット)から1mm位しかないので、0.25mmノプラ板を貼り、ポリパテでなだらかにワイパー部パネルに繋がるようにしました。CIMG5866.jpg


フロント部分の複製に向けて裏側を平らにします。会社にあったPP(ポリプロピレン)の板をテープで固定してその隙間にポリパテを押し込んでいきます。PPだとパテとくっつかないので硬化後ぺリっと外せます。このあと→フェンダー、ボンネット裏と同じ作業が待っています・・・・CIMG0018.jpg
ボンネットのアウトレットの裏にはプラ板で蓋をしてポリパテが表に出てこないようにしておきました。
PPの板を切り出し裏面も平らにしておきます(気泡入ってるけど・・・汗)
CIMG0017.jpg

ボディーの裏にフロントバンパーを接着する為ののりしろを作っておきます。フェンダーの淵は複製後薄々攻撃しますが、原型である程度採っておきます。CIMG0071.jpg
バンパーは複製せずキットから切り取ったものを使用しますが、まず1個試しに加工してみます。バンパーサイド下部の形状がイマイチなんで、テーパー加工して2mm幅にカットしたプラ板(写真右側)を貼り形を整えます(左側赤矢印部)。またヘッドライトが入る部分の凹みも埋めておきます。しかしボンネットの幅広げたのにバンパーがピッタリ合うのはなぜ??CIMG0086.jpg

お盆は13日から休みですが実家帰省なので模型は進みません(笑)。しかも実家にPCないんでネットもメールも出来ないし・・・

スポンサーサイト
  1. 2008/05/11(日) 18:01:44|
  2. スーパーデルタ

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。