MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MITSUBISHI GALANT 7

ボスコモトのビデオでパルクフェルメから出るときインタビューを受けているのですが、’89モンテですとバタネンのシートはスパルコっぽい・・・ただメーカーの刺繍がありません。
コドライバーのベルグランドのシートはレカロできっちりメーカー名の刺繍が入ってます。

さてレカロシートですがMISTYさんのブログでも紹介されているようにタミヤのST185の物だとちょっと小さいです。
ハセガワのレガシィの物ですと後ろのリブの形状が違うし全体的に貧弱。
今後のことも考えてシートを作りました(あとで複製予定)

まず座面ですが、ここはセリカの物を使用。背もたれ部分はタミヤのメルセデスC-CLASS DTMの物を使い幅を広げています。RIMG1003.jpg
腰の部分のクッションはセリカだと縦長の1分割ですが、このシートはギャランのほかにインプレッサやレガシィに使うので2分割としました。

メルセデスのシートには後ろのリブが無いで0.3mmプラ板で再現。RIMG1058.jpg
タミヤのセリカとハセガワのレガシィのシートとの比較です。RIMG1064.jpg
タミヤのセリカのシートから比べると3mmほど高くなっています。
RIMG1063.jpg


ボディーの方ですがボンネットの赤い部分は結局塗装にしました。SHUNKOのアイボリーコースト用が使えそうだったのですが、矢印のRがデカールだと小さかったのと後で剥がれるのが怖かったからです。RIMG1091m.jpg

その後SHUNKOの2種類のデカールのコピーを使い、使用するデカールの検討をしていました。
ほぼモンテ/スウェディッシュ用でいけそうですが、ルーフのラリーアートがかなりデカいのでタミヤのランエボWRカーを使い、フロントフェンダーのミシュランはタミヤのセリカかハセガワのデルタ用を使います。
あとNGKロゴも下側にSPARK PLUGSがあるのでエボⅡかエボⅣを使うか、自作しないと。
他に自作しないといけないのはボンネットのスリーダイヤモンドしたの「MISUBISHI MOTORS」かな。
フジミのスタリオンの箱見るとボンネット先端にちょうどよさげなロゴが写ってますが、キットのデカールには入ってません!!
まあゼッケン等は言うまでもありませんね。RIMG1093.jpg


で、資料のプロバンス・ムラージュの’89モンテのキットのインスト見ていたらテールレンズがキットと違うことをいまさら発見。RIMG1098.jpg
市販車はいつから代わったのか知りませんが早速DVDでチェックしたところ、WRCでは’88RACのデビューから前期テールでを使っていて、’91のアクロポリスでエボリューションモデル登場と同時に後期テール(キットに入っているもの)に変更になっています。
仕方ないのでレンズはアクリルで作るとして、ボディー側を削っておきました。RIMG1111.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/01/24(日) 20:09:05|
  2. MITSUBISHI GALANT

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。