MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BX 4TC用ターマックホイール

KENさんがHPでBX4TCのホイール画像を探しているとのことで、色々調べて画像を送ったついでに当方も久しぶりにキットを引っ張り出してみました。
いつかストラダーレとワークスカー(もしくはプレゼン仕様)を作ろうと2台所有しています。
RIMG0618.jpg

箱を開けると、昔スターターやプロバンスのキットを開けたときのようなレジン独特の香りが漂います(笑)
しかし一台はルーフ歪んでるし、もう一台はボディーが縮んでるのかシャシーが収まらないし・・・
さらにタイヤ・ホイールを出してみたらタイヤがカチンコチンです。一瞬レジン製?と思わせるほど。
とてもホイールなんか入りそうにありません。

ここで素直に蓋を閉めて元にあった場所に戻せばよいのですが、気になったらすぐにやらないと気がすまない性格なのでターマックホイール製作です。
どうせ当方もキット作るときはターマック仕様で作るし。
で、作るのはこのタイプ。0f26_3 コピー
ちなみにこの車両、ちょっと前に売りに出てたみたいですね。

さてリムですが80年代くらいのフェラーリ辺りがいけそうかなと、キットを物色してみたのですが似ている物が無かったので黒ABSからの削りだし。しかも両面加工してます。リムの淵は幅0.5mmで高さが0.25mmとして、2段目は10度のテーパーをつけたりして、結構凝ってます。旋盤に咥えてスポンジやすりで磨いたのでピカピカ。タイヤはハセガワのデルタ用とかのスリックを使用予定ですが、タミヤのST185用スリックの使用も考慮して幅は12.5mmとしました。(デルタのスリックを使うときは幅を詰めないとね)RIMG0587.jpg

続いてスポーク部分。センターは5穴なのでハセガワのインプレッサから。その周りにテーパーをつけたリングを接着し、24度づつザグりを入れてスポーク部分は0.5mmのプラ板を貼ります。RIMG0594.jpg
その後直径13mmになるようスポークをカットし、外径14mm内径13mmのリングを接着。スポーク部分は彫刻機にて形状を加工。RIMG0600.jpg

完成したスポーク部分をリムに接着。軽くサフを吹いて形状チェックです。(右がキットのグラベル用ホイール)RIMG0616.jpg

早速ハセガワのスリックタイヤをはめて、ボディーに合わせてみます。RIMG0607.jpg
RIMG0612.jpg

若干オフセットが浅いかな?と思いますが、おおむねいい感じじゃないでしょうか。このあとセンター部分のリングがちょっとガタついていたので削って、プラ板から削りだしたリングに差し替えました。あとはスポークの根本が接着剤で丸くなっている部分を突っついたりして。

とりあえず原型は完成しましたが、いつこのホイールが活躍するんでしょうかね・・・しかもプレゼン仕様はホイール違うし。

さてギャランを進めないと。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/02(水) 23:57:36|
  2. ホイール&ベーン

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。