MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TOYOTA 222D 32

完成写真を撮ろうと思ったのだが、夕方暗くなってから撮影したらイマイチだったので後日撮り直すことにしました。
とりあえずホビーフォーラム後にチマチマした部分を直して一応完成にこぎつけました。

まずは給油口のキャップから。
ホビーフォーラム時はただの丸(一番左)だったのですが、ここはきちんと形状を修正した物に付け替えます。
材質は1mm厚の赤色アクリル。裏側に0.5mmの段差を設け(一番右)、接着したときにボディーから少し浮いた感じになるようにしました。直径は2.5mm位です。RIMG0383.jpg

ちなみにシャシーですがこんな感じ。ホイールハウス内はケブラー地のままなので、筆塗りでそれっぽい色にして終了。シフト基部はMR2のB31部品をチョイ加工して、シフト本体はデルタから拝借。ただシフトノブが小さかったのでパテを盛って2周りくらい大きくしています。8号車はシートベルトがきちんと装着されていますが、11号車は股下から来る1本だけで他は外されているようなので付けていません。RIMG0379.jpg

8号車と1号車の違いですが大きな違いはタイヤ&ホイールです。
ホイールはどちらもセミスクラッチ。タイヤに関しては8号車はホイールの幅を広げてタミヤのST185モンテ用にチェンジ。
11号車はフロントはデルタ用で、リアはやはりミシュランロゴが気になったのでエスコート用をやめタミヤST185のサファリ用を持って来ました。

それとミラーですが8号車はデルタの89’サンレモ用をそのまま使用。11号車はミラー部分のみレガシーの不要部品のミラーを使い、ステーが短かったので真鍮線にて自作。取り付け部分が六角形なのでWAVEのリベットの大きいやつを接着。サイドのスライド窓ですが、0.2mmのプラ板を彫刻機にて切り抜き透明両面テープにて接着。
ちょっと気泡が入ったりしてイマイチな感じですがもういいです、何かの機会(展示会とか)があれば直すかも。RIMG0465 コピー
11号車に関してはフォグランプを取り付けるための凹みがあるので彫刻機とドリルで再現してます。富士SWで行われたTMFではフォグランプが付いたまま展示されていましたね。RIMG0420.jpg

最後にリアカウルのガラスですが、11号車は黒く塗りつぶされているので半艶黒で塗装して終了。8号車はヒートプレスした塩ビ板に直径2mmの穴を6箇所開けて接着。RIMG0427.jpg
とりあえずこんなところでしょうか。
ちゃんと写真撮ったら改めてUPします。デジカメの性能はいいのですが、撮影テクニックや環境がイマイチなんでしょうね・・・


そういえば宮沢模型から1/43で222Dが出ますね、製作はCM’s。
1台1台手作りということで定価12600円!!
8号車と11号車の2台出るみたいですが8号車の方のホイールは1/64と同じグラベル用のままみたい。

詳しくは→1/43 222D情報

そういえばixoプレミアムの1/43の222Dってどうなったのだろう??
スポンサーサイト
  1. 2009/11/23(月) 18:25:24|
  2. TOYOTA 222D

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。