MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アオシマ スバルサンバー TCスーパーチャージャー 5

年の瀬ですね。
そろそろ残った荷物をまとめて実家に帰らないとね(社屋は来年壊す予定らしいけど・・)

さてその前にサンバーの塗装を。
色はWRリミテッドが2月に出るらしいので、今回はフロストホワイトに決定。
以前赤帽のとこでも書きましたが純白ではないので、クレオスのクールホワイト(EXカラー)にグランプリホワイトを混ぜて調色(混合比5:1.5~2)IMG_2244a.jpg

その他部品は色ごとにまとめて塗装。
串を刺してるのは工事現場のゴミ捨て場から拾ってきた材料の保護材(笑)
厚みがあるので、串を深く刺せます。IMG_2245a.jpg



乾燥を待つ間に今月再販になったサンバーの箱を開けてゴソゴソいじりました(悪い虫発生です)
フロントのストラットを3.5mmほど短くして、
IMG_2234.jpg

ロアアームの取り付け部の角度を変えたりして、ストラットの長さにあうよう調整してローダウン(左が加工後)IMG_2240a.jpg



リアは一度ショックを切り取り、スプリングをカットして2.5mmほどローダウン。その後少し長さを短くしたショックを再接着。IMG_2242a.jpg


軽の場合ホイールが困るんですよ。
ビートについてるTE37とかカプチーノのホイールそのまま付けても芸がないので、
ビート純正ホイールのリムにアオシマのウェッズスポーツ SA-70のスポーク部をカットした物をはめ込みます。IMG_2248a.jpg

トレッド調整をしてビートのタイヤをセットするとなんともかっちょいいサンバーになりました。
やっぱりシャコタン&ツライチにしたらテーパーのある深リムだよね。

こっちはボディーはグレー系で、黒ホイールのカスタム系にしようかな。
アンテナ&フロントエンブレムは黒瞬着でスムージング済み(笑)
あおりのフックも削っちゃうか??IMG_2255a.jpg




最後に宣伝ですが、現在発売中のモデルカーズ213号に、当方製作のF40が掲載されています。
またおこがましくも、フジミの288GTOの修正点も指摘させていただきました。

ほかの作例と違い今月の特集のために作ったモデルではないので、
ほかの作品より工程写真が少ないですが(ほとんどブログ写真・・汗)、
全体写真はプロカメラマンに綺麗にとっていただきました、ありがとうございます。

カレンダーもついていますので、皆さん立ち読みだけじゃなくぜひ購入してくださいね。MC213
スポンサーサイト
  1. 2013/12/29(日) 18:28:19|
  2. アオシマ スバルサンバー

アオシマ スバルサンバー TCスーパーチャージャー 4

シャシーの塗装も終わり、ボディーの塗装に入りました。
とりあえずその前に加工した部分から。

まず荷台に付く21・22部品、パネルバンのときは気付かなかったのですが
トラックだとフックと被ってしまうので赤部分を実車の写真を見ながらラインを修正します。
IMG_2221.jpg

ラジエーターのリザーバータンクはシャシーへの取り付け部をプラ板で追加(赤矢印部)。
IMG_2223.jpg

エンジンカバーのステー(130.131)は上面のラインを修正するべくカッターで余分なところをカットします(左が修正後)IMG_2239.jpg

内装だとダッシュボード上面中央ののスジ彫りが、ゲートのためか省略されているのでBMCタガネで彫っておきます。
また表面のシボを表現するため濃い目のサフを吹いて塗装に備えておきます。
IMG_2222.jpg


先日こんなものを購入しました。
一見WRリミテッドですが、トミカのサンバーは最終の一つ前の顔なので正確には
WRリミテッド風ですね。IMG_2243.jpg
  1. 2013/12/23(月) 00:45:50|
  2. アオシマ スバルサンバー

HPI LANCIA DELTA S4

待ちに待ったHPIのS4新バリエーションが発売されました。

もちろん迷わず全種購入。
全種じゃないけど、2台買いは当たり前(笑)

HPI S4

なかでもESSOとSITMAは以前からHPI開発スタッフのIさんに、
「欲しいんですけど、製品化してください!!」ってお願いしていたもの。
まあ当方のリクエストだけで製品化されたってわけではないでしょうけどね・・・笑

でもね、HPIのブログ見ていたらなんと


HPI.jpg

撤退ですか!!!!詳しくは↓


HPIモデルカースタッフブログ


実は今年中国から帰国したIさんと会ったときにそんな話も出てたんですよね・・・

まあこういうことになったのでもういいでしょうけど、
2010年円に発売されたST165の91’スウェディッシ以降、
全車種ではないですが複数のラリーカーのお手伝い(主に資料提供)をしてました。
といってもHPIと直接ってわけではなく、Iさんと個人的にやり取りしてた感じですけどね。

時には資料が見つからず力になれなかった事もありましたが、
毎回調べているうちに新たな発見もあったりして楽しかったですね。


12月20日って事は、今月は新製品出るのかな・・・

今後イグニッションモデル(http://blog.ig-model.com/)が引き継ぐみたいですが、
ダイキャストはもうやらないんだろうな・・・・

037のESSOと155DTMの94バージョン(こっちはレジンで出るか???)は欲しかったな。

  1. 2013/12/18(水) 01:06:07|
  2. 散財日記

アオシマ スバルサンバー TCスーパーチャージャー 3

実家に2個届いているのですが、
ヤマダ電機ふらっと行ったら2020円X2だったので買ってしまいました・・・
合計4台です、そんなに赤帽作るのか俺???

10%ポイントつくので1台実質1800円くらいなんでまあ良いかと。IMG_2192a.jpg

キットの内容としてはVBパネルバンとまったく一緒(もともと不要パーツとして複合曲面ミラーのパーツ入ってるし)で、デカールとマスキングがついただけです。

なんと、デカールが1500円!!!
まあデカールだけ買われないための対策なんでしょうけど。
マスキングシールは値段書いてないけど、非売品かな?
どうせならフロントガラスのマスキングシートが欲しかった・・・・

あとオイルパンのパーツ(№111)の塗装指示がシルバーからセミグロスブラックに修正されてます。
実車はこんな感じ。IMG_1993a.jpg


ボディーはホワイトで塗れって指示だけど、赤帽サンバーって「グレーがかった白」もしくは「限りなく白に近いグレー」なのでクレオスの69「グランプリホワイト」のほうが近いかも。


さて赤帽は買っただけで満足なので、トラックのほうへ移ります(笑)
キャビンはすでにルーフを貼ってしまっていたんですが、
どうも実車を見たら気になった部分があったのでいまさら修正。
まずは実車画像を。IMG_2015a.jpg

キットはパネルバンと共通のため、オーバーヘッドシェルフを再現する形になってます。
横から除くと意外に見えるんで、画像の赤い部分をカット(ルーフ貼る前なら楽だったろうに・・・)

それと多くの方がWRリミテッドで作ってるので、当方は低グレード化(TC→TB化)しようと思います。
コスト削減のためか、サンバイザーが運転席のみなので助手席側を削り取ります。
また運転席側はカードなどを挟めるバンドをプラペーパーを貼って再現。IMG_2188a.jpg


そうなるとドア内張りも変わってきます。
アームレストやパワーウィンドウスイッチなどを削り取り、
プラ板と瞬着で埋めます。
その後レギュレータハンドルなどをプラ板で作ります。
IMG_2178a.jpg

細かい事いうとダッシュボードのオーディオ(ラジオ)も違うんだよな・・・汗

そろそろシャシーを塗りたいんで、エンジンマウントを作って接着しておきました。
この部分キットのままだと結構スカスカなんで、間を埋めるのには良いかも。IMG_2191a.jpg
  1. 2013/12/06(金) 23:33:55|
  2. アオシマ スバルサンバー

アオシマ スバルサンバー TCスーパーチャージャー 2

サンバーの赤帽が出ましたね。
予約分2個届いているのですが、送り先が実家なんでまだ内容確認できていません。

とりあえずノーマルを進めます。
前回真鍮線で作ったフックを伸ばしランナーで作ったものに交換。
伸ばしランナーの先をライターで炙って丸めておきます。IMG_2146a.jpg


荷台に移ります。
まず前回直したスペアタイヤステーは虫ピンでネジ部を再現するので、
荷台のパネルを付けて位置出しをしておきます。
IMG_2147a.jpg

その後ろに付くフェンダー&泥除けのパーツ(17部品)はゴム部を薄々攻撃しておきます(上が加工後)IMG_2164a.jpg

リアのコーナー部(15と19、16と20)は実車では一体なので、
貼り合せた後に合わせ目を消しておきます(赤矢印)
また両側とも内側の三角パネルが省略されているのでプラ板で再現(青矢印)
また右側フック部分も厚みが気になるので、少し薄々攻撃しておきます(緑矢印)IMG_2152a.jpg

荷台あおり部分には鉄板の合わせ部分にシール剤が入っています。
まずは位置を出して、BMCタガネでスジ彫りを入れます。
そこに伸ばしランナーを接着して再現。IMG_2162a.jpg

で、どうしようか迷ったのがあおりのフック。IMG_1970b.jpg



こっちは鳥居のフックと違って先端が丸まってないので、
0.5mmのアルミ線を使って再現します。
90度に曲げた後、長さをそろえてカット。IMG_2165a.jpg

あおりのフックを削り取り、ピンバイスで穴を開けてアルミ線を接着。
面倒なので、次作るときはスルーします(笑)IMG_2167a.jpg


サンバーの製作記UPしたらアクセス数が増えたような気が・・・・
  1. 2013/12/02(月) 00:56:18|
  2. アオシマ スバルサンバー

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。