MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

車いじり

先月は仕事が忙しくほぼ全部休日出勤してたので、作業が中途半端になっていた部分を進めました。

まずはオルタネーター交換。
リビルト品(60A)ですが、綺麗なのは気持ちが良いですね。
70Aとか80Aにしようかとも思ったのですが、抵抗が増えるので・・・低抵抗・高出力のブラックオルタは高いしね。IMG_0824.jpg


ついでに消費電力を抑えるためにHIDも導入(写真撮り忘れた)
数年前まではHID(当時はキセノンの方が一般的だったか)は高嶺の花でしたが、
いまや中国物はもとより、国内物でも安いのが出回り値段もグッと身近になりましたね。

なんせ、アオシマのアヴェンタドールのキットをヤ〇ダ電気(神奈川は30%オフ)で買うのとほぼ同じ値段で買えますからね。
HIDが安いのか、プラモが高いのか・・・・・・

さてお次はマフラーです。
4A-G載せたのにカロバン純正マフラーでは抜けが悪すぎてエンジンに良くないです。
もともと触媒レスの車なのでマフラーの径が細すぎる・・・
ってことでAE86用マフラーをヤフオクで落札。IMG_0772.jpg

しかしそのままは付きません。
セダンだったらポン付けですが、バンは燃料タンクやリアの足回り、若干フロアも違いますので要加工。
しかも普通のオーバルタイプはスペース的ににきついので砲弾型を選択・・・ああうるさい(笑)

実は数週間前に一度加工して取り付けていたのですが、リアショックやホーシングに干渉しまくっていたので再加工です。
1・ステー位置を変更。
2・カットして角度変更。
3・スペーサーをかまして高さを稼ぐ。
4・カットして角度変更。
5・写真撮ってませんが、汎用フランジとパイプで短い延長用ストレートパイプを作り触媒とマフラーの間に装着。


なんとか干渉することなく収まりました。
やぱり半自動溶接機は楽ですね・・・・・アストロの安いので十分、一家に一台(笑)IMG_1119.jpg

ホーシングもデフのサイズが心配なのでAE86用に変えないと・・・
ふと見るとフロントタイヤがスリックになっているではないですか!!
しかも一部ラバーが剥がれてるし。
結構キャンバーが付いていたので(最近戻した)内減りするんですよ、そのたびに外と内を入れ替えて使ってたんですけどね(なつかしのグランプリM5ですよ・・・・20年位前のタイヤか)IMG_1086.jpg


まだまだ内側溝あるんで(0.3mm位・・・笑)使えるんですけど(・・・普通の人は使わない)、
ここは思い切って交換です。
使う道具はこちら。
ビード落とし機(人力)・タイヤレバー(数本あると便利)・ムシ廻し・リムガード・タイヤワックス&スポンジです。IMG_10871.jpg

工賃ケチって、ここ数年ほぼ手組みですね。
とりあえず空気抜いてビードを落とします。IMG_1088.jpg

片側2~3箇所、裏表やって次の工程へ。タイヤレバー使ってタイヤを外します。
まあ自転車のタイヤ交換と要領は一緒です。IMG_1089.jpg

タイヤが外れたら、新しくはめるタイヤにビードワックス塗って組み付け。
当方は7Jに175のちょい引っ張りです(強者は9.5Jに175とか組みますからね)。
この状態だとたまにエアが入らない場合があります。IMG_1091.jpg

以前は自転車のチューブとかタイヤリング使ってましたが、今はこれ。
まあ使い方は「爆発ビード上げ」とかでググって見てください。IMG_1092.jpg

後はエア入れて車体に取り付ければ終了。
え、バランスですか???そんなもん取ってません、そんなにスピード出さないしね(高速で1**キロくらい・・・爆)IMG_1093.jpg

ちなみにフロント2本に掛かった時間は、最初にジャッキアップしてジャッキ降ろすまで25分位です。
写真撮りながらなんで、普段もう少し早いかな。
手組みを楽にするのにはタイヤ選びが重要。ちょっと前のヨコハマかダンロップがサイドウォールがやわらかくてベスト。
ブリジストンは無理っす・・・・RE01RとグリッドⅡ試したけど挫折しました。
ヨコハマとかでも最近のリムガード(タイヤ法がホイールより出っ張ってってホイールの傷を防止する)のやつはキツいです。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/15(月) 06:16:34|
  2. その他

LANCIA STRATOS 2

久しぶりの更新ですが、この1ヶ月残業しまくりで某社の1BOXの模型(1/18)
を作ってました。
普段1年たっても完成しないのに、仕事ということでもちろん納期があるので約3週間で完成。
無事納品できました。
この類は機密保持があるのですが、まあそのうち紹介できるかも・・・・

さてストラトスのほうですがボディー磨き終了してパーツの取り付けです。
ガラスパーツ当てがってみたらサイドから押し出しピンの痕が見えます。
IMG_1096.jpg

仕方ないのでペーパー掛けて、ラプロスで磨いてコンパウンドで磨きます。
ついでなので窓全体も磨きました。IMG_1097.jpg


しかし面倒くさい。いっそヒートプレスしちゃった方が楽だったかも・・・笑
ストラトスの窓パーツのヒートプレスはこちらの本に詳しく載ってます。
リンク貼らせて頂いてるかっぱコーヂさんとpage!さんによる超絶フル開閉モデルの製作工程が事細かに掲載されております。
当方はフル開閉は作らない・・・正確に言うと作れない(汗)ですが、色々参考になるテクニックが載ってますよ。IMG_1107.jpg

組立てに戻ります。
メーター部分にガイアのUVジェルクリアを使ってみました。
どうせ見えないので部分なので、ここでテストです(笑)IMG_1098.jpg

デカールも侵さないのも確認できたし、盛り上がって固まるといい感じなので本命のホイールのセンターキャップに盛ります。
ちなみにホイールは説明書の指示通りだと色が濃すぎるので、ゴールドベースで白・シルバーやら黄色等で調色しました。IMG_1099.jpg

トランク部のキーシリンダーは磨きだしの時邪魔になるだろうと削り取っていたので、1.5mmのABSパイプに1㎜の丸棒を入れて再現。
黒く塗装したので、修正したリアスポイラーサイドの形状がよく分かると思います。IMG_1108.jpg

ヒューエルリッドは形状が違うので、3mmの丸棒を彫刻機と旋盤を使い加工。
この後磨いて、旧メッキシルバーを吹いて取り付け。IMG_1101.jpg

で、いきなり完成です。
フロントカウル上のモールドも削っていたので、フジミのストラトスのエッチングから流用(少し径が小さいけどね)。
あとでギャラリー用の写真撮ります。IMG_1111.jpg


  1. 2013/04/04(木) 22:30:18|
  2. LANCIA STRATOS

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。