MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハコスカ用ホイール 3

実車のホイールキャップはメッキです。
メッキシルバーかアルクラッドで塗装しようかとも思ったのですが、やはりメッキじゃないとね。
とりあえずリムを黒く塗り、センター部分をガンメタに塗ったあとメッキ部分にモデリングシートクロームシルバーを貼り込みました。
モデリングシートクロームシルバーの不要部分を切って、剥がす時に下の塗装も持っていかれました(涙)
サフ吹いたのにやはり食いつきがイマイチなんですね・・・
ということでこの方法は却下。

まずはリムとホイールキャップの境目と、5箇所の穴・センターの六角形周りに黒を直に塗って余分を拭き取っておきます(写真は拭き取り前)IMG_2391.jpg

まずはセンター部にモデリングシートクロームシルバーを貼り込みます。ここはしわが出来やすいので、
長めに切って引っ張りながら貼ります。IMG_2386.jpg

余分な部分をカットしたら、テーパー部に貼り込むシートを治具を使って切り出し。IMG_2387.jpg

中心を合わせながらテーパー部(スポーク部)に貼り込んでいきます。写真はとりあえず載せただけ。
IMG_2388.jpg

ガンメタに塗る部分を切り取り、今度はコンパスカッターで丸くくり抜いたモデリングシートクロームシルバーを外周に貼ります。IMG_2390.jpg

余白を切り取ってプライマーを塗りリムを黒で、ホイールのスポークの間を調色したガンメタで塗ります。IMG_2393.jpg

プライマーは実車のバンパーの塗装なんかにつかうプラスチックコートスプレー(塗料のオカジマ製)を使用。
無色のスプレーですが、塗料皿に出して筆塗り。IMG_2392.jpg


お決まりのハセガワのZ432用タイヤをセットしてみます。
かなりいい感じ。この後残り3本貼り込みましたが、超面倒(笑)。
貼り込み作業は大小の綿棒と、爪楊枝で行いました。
やはりメッキ部分はこのぐらい輝いていないとね。IMG_2373.jpg

さて放置中ののS4ストラダーレですが,先日KOCO RACINGなるメーカーの1/43のデカールを入手しました。
多分IXOか以前紹介したLANCIA STORY COLLECTION用でしょうね。
メリからもこの86モンテの#37のキットが出ていましたが、現在では入手困難ですしこのデカールのほうがクオリティー高い。
他にも結構マニアックな車両のデカールを出しています。
1/24作るときはこれをテンプレートとして使おうかなと。
IMG_2394.jpg


スポンサーサイト
  1. 2012/03/29(木) 18:48:00|
  2. KGC10

ハコスカ用ホイール 2

ハコスカのGT&GT-X用ホイールの複製です。
まずは箱を作る為、厚紙を切り出します。
工作用の目盛の入ったやつ使った方が早いのですが、買いに行くのが面倒だったので(笑)
IMG_2302.jpg

それを箱組み。
丸棒は、型のズレ防止に使用するために入れたのですが、
入れる方向を間違えたので結局使いませんでした。
原型に足を接着して粘土で固定。IMG_2304.jpg

シリコンを流し込み、脱泡。
型が出来たので枠紙を取って、カッターでギザギザにカットしていって原型を取り出します。
このギザギザが型のズレ防止になります。また全部カットせずに、下側を繋げておくとさらにズレ防止になります。IMG_2358.jpg

複製は周りをテープで固定して、脱泡のとき沸騰するのでテープを高く廻しておいて壁を作ります。
で、脱泡が終わって硬化した状態。
真空脱泡については過去の日記を参考にしてください。
IMG_2349.jpg

ドキドキしながら取り出します。
IMG_2348.jpg

裏も表もほぼ気泡なし。IMG_2354.jpg

4本複製して車高&トレッドの調整。
フロントはM2用ワッシャーをかまして0.5mm上げ。
リアはホイールのポリキャップを入れるパイプ部を0.9mmほどカットしてトレッドを狭くして、
別のシャシーから切り出したデフ&ドライブシャフト部を1.5mmほど高くなるように調整して接着。IMG_2355.jpg
IMG_2357.jpg


真空ポンプのパワーが低いので、waveのレジンだと脱泡途中で硬化が始まってしまいます。
ベルグの硬化時間の遅いタイプを使ってるのですが、
脱泡後、完全硬化まで30分以上待たないといけません。
型は1個しか作ってないので、1台分4本作るのに4時間くらい掛かります。
量産しようかと思いましたが、この後GC10の分を作って終わりにしました(約8時間掛かってます・・・笑)

  1. 2012/03/19(月) 19:33:34|
  2. KGC10

NISSAN SKYLINE 2000GT-R KPGC10 GALLERY

フジミのハコスカの画像です。
今日も雲っててイマイチですね。
やはり室内で写真を撮るときは、ライトが必須なのか・・・・

PGC10の横に並べる為にあんまり手を入れないはずだったんですけど、結局なんだかんだと手を入れてしまいましたね。
でもパッと見分かってもらえるのは、フロントマスクとタイヤ&車高のみって感じかな(笑)

フロントグリルのエンブレムとフロントフェンダーのSKYLINE&GTマークはタミヤのインレットマーク。
ナンバーはアオシマのPGC10のキットのエッチングを使用してます。
ワイパーはいつもの通りアームはキットの物でブレードのみモデラーズのエッチング。IMG_2314.jpg

IMG_2319.jpg

IMG_2327.jpg

トランクのSKILINEエンブレムとナンバーはアオシマのPGC10のエッチング。
マフラーは出口のみ。真鍮パイプに置き換えています。
やっぱりテールレンズの形状が気になりますね・・・・
接着せず押し込んであるだけなので、いつでも交換できるのでアオシマのGC10のやつに換えようかな(笑)
フジミのハコスカはリアガーニッシュ(GT-Rにはガーニッシュ付いていませんが)部の鍵穴がないので、アルミテープをくり貫いたものを貼って再現。IMG_2326.jpg

IMG_2312.jpg

最後の悪あがきで交換したフロントマスクです。
アオシマのGC10のより、こっちの方がいいと思いますがいかがでしょう?
メッシュ部をエッチングにして、奥にラジエーターを入れるとこまでは手が廻りませんでした(まあこれで十分)。IMG_2331.jpg

お約束の2ショット。
セダンもそうだけど、ハードトップも決定版が出てくれればよいのですが・・・まあストレート組みならタミヤのがかっこよいんですけどね(タミヤディフォルメ効き過ぎてるから)

昨今プラモの定価がうなぎのぼりですが、こういった1000円ちょっとで買えるフジミのプラモはありがたいですね(当たりはずれが激しいのがたまにキズ)
とりあえずこれでオートアートのミニカー買わなくて済んだな。
なんかスカイラインブラウン(通称サファリブラウン)も並べたくなってきたな~IMG_2339.jpg
  1. 2012/03/18(日) 15:06:55|
  2. KPGC10

NISSAN SKYLINE 2000GT-R KPGC10 6

フジミのハコスカ(GT-R)ですが、完成したといってましたがどうもフロントが似てません。
あんまり手を掛けないつもりだったのですが、さすがに顔は目に付くところなので修正します。

とりあえずヘッドライトユニットは形状が一番近いタミヤの物へスワップ。
でもタミヤのキットのままだとヘッドライトが奥まっていませんので、
リフレクター部分を0.4mmほど掘り下げます。これ以上掘るとリフレクター部に穴が開きそうです。
メッキが剥がれてしまったのでToolsのモデリングシートクロームシルバーを貼って、
レンズパーツを水性ホビーカラーのクリアを接着剤代わりにして貼ります。
これでハコスカらしい奥まったライトになります。IMG_2280.jpg

グリルはフジミの物を使います。
タミヤのヘッドライトの幅が広いのでそのままですと、ボディーに収まりませんから両側を少しカットします。
さらにGT-Rのエンブレムの位置が下すぎるので削り取り、タミヤのキットのインレットマークに置き換えます。
それとメッシュ部分は黒でよいのですが、赤矢印の部分は黒ではなくガンメタですのでお間違いなく。IMG_2285.jpg

上が今回作り直したフロントマスクで、下が以前加工したもの。
やはりフジミのヘッドライトだとリムが角ばりすぎているのと、ライト自体の直径が小さいですね。
あとはボディーに接着したあと、中央の「N」マークのデカールを貼って終了です。
なんかテールレンズも気になっちゃうな・・・・笑IMG_2283.jpg
  1. 2012/03/14(水) 23:11:54|
  2. KPGC10

NISSAN SKILINE 2000GT 2

リアガーニッシュに取り掛かりました。
とりあえずフジミのハコスカのガーニッシュ部を削り、アオシマのGC10のリアガーニッシュをはめ込みます。
といっても幅が合わないので、テールレンズとガーニッシュの3パーツに分けて、ガーニッシュの両サイドを2.5mmずつ計5mm詰めます。
ガーニッシュの上下幅が4.8mm・ボディー側が5.3mmほどあったので、上下に0.14mmのプラぺ-パーを貼りメッキモールとガーニッシュの段差に見立てます。IMG_2270.jpg

ボディーにはめるとこんな感じ。
2000GTのエンブレムの彫刻も細かくてよいのですが、アオシマのエッチングにエンブレムも含まれているので、あとで表面を削って置き換えます。
GT-Rの製作記のところで書き忘れたのですが、リアバンパー基部の下側は実車通り開口しています。IMG_2272.jpg


ハコスカは低グレードのスタンダード・GT-R・1500ベースのスポーツチャレンジなど一部のグレードを除き
ボンネット先端にメッキのフードモールが付いています。IMG_2114.jpg

この部分も先日のイベントでいろんな角度から写真を撮ってきたので、
それを見ながらプラ板で自作。IMG_2275.jpg

サイドシルの部分にもモールがあります。
ここは前から後ろまで一本物。フロントフェンダーを外す場合、邪魔になりそうですね。
この部分も雑誌などではほとんどアップの写真がありません。
今回撮ってきた写真が役に立ちます♪
IMG_2012.jpg

形は分かったけど、流用できそうな物がありません。
結局彫刻機で0.5mm厚のプラ板に0.4mm幅の溝を2本入れて1.5mm幅でカット。
7cmの長さを2本作り、ボディーに接着しました。
このブログを見た人が真似して作る場合、どうするんだろう・・・・まあいないでしょうけど。IMG_2279.jpg

  1. 2012/03/12(月) 21:22:07|
  2. KGC10

NISSAN SKILINE 2000GT

フジミのハコスカGT-Rを使って、低グレードへの改造です。
リアフェンダーをカットしてR仕様にする人が多いですが、実車で逆をする人は少ないでしょうね(笑)
たまにレストア時にサーフィンラインを復活させる事はあるそうですが、板金屋泣かせみたいですよ。

さてフジミのハコスカ(KPGC10)とアオシマのハコスカ(GC10)のキットを並べて、
どこで切るのが一番効率がよいか考えます。
位置が決まったらハイトゲージでラインをケガキ、彫刻機でカット。
裏には補強の為0.5mmプラ板を貼っておきます。IMG_2213.jpg

アオシマのキットでは再現されていない部分(赤矢印部)があるので、プラ板を貼り黒瞬着を盛ってその後成形します。
IMG_2215.jpg


先日撮ってきた実車の画像です。
こういった部分は雑誌では大きく載ることはないので、実車をまじかに見ることの大切さを痛感しますね。
見なったら見なかったで楽なんでしょうけど。IMG_2026.jpg

で、フジミとアオシマのサーフィンライン(サーーフラインとも言う)がやっぱり綺麗に合いません。
そこでまずはラインより上を綺麗に成形する為、マスキングテープをラインに沿って貼って仕上げます。
IMG_2227.jpg

続いてはマスキングテープを剥がして上にマスキングテープを貼りなおし、下側の成形。
上下一度にやろうとすると綺麗なラインが出来ません。
ここはハコスカGTの特徴でもある部分なので、盛っては削っての繰り返しです。
たまにビン入りのサフを筆塗りして、形状を確かめつつなんとか形になりました。
サフスプレーを吹くと余計な部分にもサフがのってしまうので、いつもこうしています。IMG_2231.jpg

その後フジミのボディーはうねりがすごいので、全体的に320のペーパーを掛け、
600番のぺ-パーを掛けた後、サイドシルなどの下回り工作をしました。IMG_2237.jpg

フジミのGT-Rを作って分かったのですが、内装色を黒にすると、ほとんど見えません。
なので今回は内装はキットのままで行きます(←手抜きともいう)

そのGT-R(KPGC10)ですが、とりあえず完成。
今日写真撮ってみたのですが、どうも暗くてイマイチなので撮り直しないと。
ホワイトバランスも合ってないようで、なんか青っぽく見える・・・困IMG_2252.jpg
  1. 2012/03/11(日) 23:09:54|
  2. KGC10

NISSAN SKYLINE 2000GT-R KPGC10 5

テールレンズのメッキリムです。
ここは内側にくぼみがあるのですが、スルーされてます。なので彫刻機にセットして溝掘り(左が加工後)。
タミヤのほうが形状的にも良いので移植しようかと思ったのですが、上下の幅が広く入りませんでした・・・残念。
IMG_2223.jpg

ガラスなのですが、どうもフジミのキットのガラスは両サイドに1本ずつ線が入っています。
現在我が家にはフジミのKPGC10のキットが市販車とレーシングカー合わせて10個あるのですが、
すべてに入っています。どうも金型のせいらしい。
それと表面も綺麗じゃないので、全体に1500→2000→3000とペーパーを掛け、その後タミヤのコンパウンド3種で磨きました。
Bピラーモール・ルームミラー基部・サンバイザーは塗装ではなく、ハセガワのつや消し黒シートを貼り込みます。
この方が簡単で綺麗です。IMG_2226.jpg

鍵穴に使おうと思っていたKAモデルのメタルインレットが見当たりません(困)
なので外径1.3mm内径1mmの真鍮パイプの先を砥ぎピンバイスにセットして、ここは厚みが欲しかったのでアルミテープを抜きます。
ボディーには位置出しの為に塗装前に0.6mm穴を開けておいたので、その穴の上に貼り綿棒を押し付けて固定。
そうすると下穴を開けているので真ん中が少し凹んで鍵穴らしくなります(次回からこれでいいか・・・笑)IMG_2228.jpg

あと少しです。
ミラーとナンバー等、細々した部品を付ければ完成です。
今日・明日で完成させて日曜日には写真撮れるかな・・・

各社から発売されているor発売されていた1/24ハコスカですが、
全部同じボディーカラーの素組みで作って並べて比較してみるのも面白そうですね。IMG_2236.jpg


  1. 2012/03/09(金) 22:48:23|
  2. KPGC10

NISSAN SKYLINE 2000GT-R KPGC10 4

週末で完成させるつもりだったのですが、土曜日は休日出勤で日曜は都内でヤボ用・・・・

とりあえずボディーをマスキングして、車内を半艶黒で、塗装。
リアのオーバーフェンダーは濃いガンメタです。
クレオスの焼鉄色にセミグロスブラックを混ぜて吹きます。
そのままだとメタリックの粒子が目立つので、スモークグレーにフラットベース なめらか・スムースを混ぜた物を数回吹き付けてトーンを落とすと共にメタリック粒子が目立たないようにしました。
実車では結構黒にしている人も多いですし、タミヤもフジミも塗装指示は黒ですがオリジナルではガンメタです!

ボディーに墨入れして、三角窓と前後ガラスモールにハセガワのつや消し黒シートを貼りこみます。
その後メッキ部分はToolsのモデリングシートクロームシルバーを貼りました。
窓枠はウェザーストリップの中心にメッキモールがあるので、
0.5mmほどに細切りしたモデリングシートクロームシルバーをチマチマ貼っていきます。
こういうところが旧車プラモは面倒くさい(笑)
IMG_2222.jpg

リアのオーバーフェンダーを止めているビスは虫ピンを差し込んで再現。
下手に塗装したりするより、簡単で綺麗に仕上がります。

あともう少し。IMG_2221.jpg

  1. 2012/03/05(月) 20:28:19|
  2. KPGC10

ハコスカ用ホイール

先日のブログで紹介したGC10。
ホイールがネックなんですよ・・・・
オートモデラーの集いに出品されていたカーマガジン編集部のウカイさんの240Zに付いていたのがよいのですが、
ブログをみると付いている元キットが日東らしいのでちょっと入手が難しそう。

そこで模型屋で色々と物色。
童友社510ブルーバード(2ドア)のホイールが箱絵の写真とは違い結構近い。
しかしあのキットに金出すくらいならちょっと足してハセガワの510買ったほうがよいので、自作することに(笑)

で、先日行ったノスタルジック2デイズにホイールキャップ付けたKGC10(HTの200GT)が置いてありました。
ここぞとばかり写真を撮ってきましたよ。IMG_2009.jpg

パーツはパーツはすべてABSで製作。
いつものことですが、彫刻機をフル活用。
NC使うともっと楽に綺麗なものが出来るんですけどね・・・
IMG_2181.jpg

組み上げるとこんな感じ。IMG_2170.jpg

ホイールキャップのみサフを吹いてボディーにあわせてみると、
細かい部分に納得いってませんがまあOKレベルでしょう(別に売るわけでもないしね)。IMG_2210.jpg

ホイールの目処が立ったので、こんなのもやってみようかなと・・・ハコスカばっか。
KPGC10の方は磨きだし終わったので、マスキングしてオーバーフェンダーに黒塗るところまで進みました。IMG_2216.jpg


先日の展示会にいらしていたイラストレーターの溝呂木さんからリンクのお申し出を頂きまして、早速リンクを晴らせて頂きました。
HPのみならずブログのほも参考になります。
溝呂木陽・HOME PAGE
sportscar graphic(ブログ)
  1. 2012/03/03(土) 19:05:26|
  2. ホイール&ベーン

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。