MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HPI NISSAN PULSAR GTI-R

早いものでもう10月ですね。
展示会が終わってからというもの、、全く模型を触っていません。

こりゃホビーフォーラムは新作無しだな・・・汗


さてリハビリを兼ねてHPIの新製品をいじくってみました。
ここのところ毎月新作ラッシュで、HPIのミニカーだけで毎月3万円くらい使ってます(笑)

そんな中で今回はグループAのパルサー。IMG_1449.jpg

皆さんがお持ちの物とはちょっと違いますね。
そうですスターマック仕様に改造してます。
元の状態はMIRAGEスタッフブログでご確認ください。

非常に良く出来ていると思うのですが、気になる点もいくつかあります。
どうも前後のフェンダーのボリュームがありすぎるようです。
実車では小さいオバフェンが付いているのですが塗装とデカールで段差が目立たなくなってしまっているのも、原因の一つでしょう(スタッフブログの原型の時点では段差がはっきりとしているので、、塗装を剥がせば段差が顔を出すんでしょうね。)

現状で寸法的には実車通りなのかもしれませんが、ヘッドライトとグリルの上下幅も0.2~0.3mmほど広い方が実車っぽさがでたように思います。
実車には無いヘッドライト下にある黒いラインのせいでヘッドライトがさらに薄く見えてしまっています。

あとタイヤがスリックなのですが、ホイールはグラベル・雪・氷路面で使用されたリムの浅いタイプが付いています。
座間に保管されている実車がこのタイプを装着しているので、そのままモデル化したのでしょうかね??

ボディーの方は加工するとなると大事なので、今回はいじりません。
塗装落としてリペイントしたり、その後デカールが無かったりと手を出すと修復不可になりそうですから(笑)

さてモンテといえばターマック!
やっぱりドライのSSでベーンを付けて走っている姿が印象的です。
下手するとSSの前半(山のふもと)はドライで、SS後半の山頂付近はスリックのまま雪道を走ったりしてますからね。

とりあえず資料がないとパーツの設計も出来ないので、ネットで画像を探したり手持ちの資料を引っ張り出してきて作業に備えます。IMG_1469.jpg


でまずはフロントから。ホイールとベーンはABSから削りだしです。
ベーンはプロバンスのデルタS4のやつとか、ARTAYAの7UPカラーの037ラリーのものが使えそうだったけど、サイズやディテールがイマイチなので結局自作。
ホイールはベーンを付けてしまうのでリムの段差(0.5mm幅で高さは0.3mm)を付けた程度の手抜き品。真ん中にベーンとの勘合用に段差をつけてあります。IMG_1433.jpg
ベーンは資料を見ながら彫刻機でチマチマ加工。IMG_1436.jpg

ホイールはクレオスのメッキシルバー(旧製品)で塗装。ベーンはホワイトの艶ありで塗って、裏側のリブの間を黒で塗って立体感を出しています。いつものM2ワッシャーでトレッド調整してフロントは完成。(書くと簡単ですが資料を基に自ら設計して加工してるんで、結構時間掛かってますよ)IMG_1451.jpg

続いてリアですが、こちらは元のホイールを利用して何とかします。
リムが浅いだけですからリムを出っ張らせればいいんです(言うのは簡単ですが・・・笑)
まず図解するとこんな感じ。ホイール断面
黒・・・ホイールの断面
赤・・・タイヤ固定用の突起の内側を0.6mm削る
青・・・0.6mm厚のABS製リング
緑・・・ABSで作るリム

緑のリムの分白いスポーク部分が深くなるわけです(今回は0.6mm)
もちろんその分タイヤも外側に0.6mm出さないといけないので、赤い部分を削り、タイヤがぐらつかないよう青のリングをはめてやります。
その差は一目瞭然(奥が加工前・手前が加工後)。加工前の状態ではリムよりも白いスポークの方が出っ張っています。IMG_1442.jpg
リアもM2ワッシャーでトレッド調整するのですが、今回のパルサーはリアの車軸と同一ライン上に台座との固定ビスが通る穴が存在します。
そのためリアはそれぞれシャフトが設けられホイールを固定しているのですが、ホットボンドみたいな物でシャフトが留められているので一度綺麗に剥がして、シャシーの赤い矢印の部分をえぐってシャフトが通せるようにしています。
もちろん台座への固定は前側のネジ1本になってしまいますが、問題ありません。
前後のシャフトは直径1.5mmの金属線に交換。IMG_1444.jpg

出来上がりはこんな感じ♪
ちなみに各パーツは接着していないので、元に戻すことも可能。IMG_1450.jpg

う~ん、やっぱりこの仕様の方がかっこよい。
本当はベーン付きにしたかったそうなのだが、予算の関係でオミットされたそうです。確かにこのベーンは他車種に流用効かないし使えてもポルトガルラリー仕様だけだもんね・・・・ポルトガル仕様のリリ-ス予定は無い。
さすがにこれだけのために金型は起こせないでしょう。

IMG_1464.jpgIMG_1462コピー

もうこれで満足です。REJIの1/24キットは多分作らないだろうな~笑
今回はシャトリオ車ですが、本当はマキネンのほうが欲しかったんだよね~。
実は購入時に間違ってしまったのだ・・・モンテではシャトリオのほうがファーストドライバー扱いだったし、まあいいか。
もう一台買う余裕は無いです・・・・ToT

これで92モンテは残すところ2台ですね。ギャランはHPIのスタッフブログで岡崎にある三菱オートギャラリーで取材している様子がUPされていたので、気長に待っていれば完璧なギャランが手に入るはず。

残すはこいつだけど、これはHPIからは出ないだろうな・・・思い腰上げて作業再開するか(レーシング43の92モンテデカールも入手ずみだし)IMG_1466.jpg

スポンサーサイト
  1. 2011/10/02(日) 17:09:06|
  2. 散財日記

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。