MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TA64ネタ

今週初めすばらしい物が届きました。

KENさんのHPでも紹介されているWRCメンバーtoさん作のTA64!
ボディーとシャシー、グリル・ダッシュボードのみですが、もうたまりません。
IMG_1153a.jpg


頻繁にメールのやり取りをしていたので、かなり初期段階から製作過程を見せてもらっていましたが、当方のようなABS削りだし等の反則技ではなくほとんどプラ板&パテによるスクラッチ。
リア周りには当方の複製品を使っています。

昨年のアウディでもそうだったのですが、toさんの作品は非常にセンスが良く、へたなガレキメーカーの物よりキッチリとしています。
スタイリングに関してもメールで資料(画像)を送ったのですが、ほぼ完璧に再現されています。
複製も初体験とのことですが、KENさんと当方のアドバイスのおかげか?初めてとは思えない綺麗な複製品が届いてびっくり♪


スタイリングが若干違うさかつうや、どうしようもないルナテックのキットを高い金出して買う必要がなくなりました。
今回はWRCメンバーのみ譲っていただくことが出来ました。
ゆえに今年のホビーフォーラムではTA64がたくさん並ぶことでしょうね(笑)


当方が作るときはターマックもやりますので。
で、先日KENさんから良いサイズのスリックタイヤ情報ない?とメールが来たので物色してみました。
フジミの三菱スタリオン(グループA)がよいかと思うのですが、外形がKENさん希望の23mmより少し大きい24mmなのと前後同幅です。

ということで、IMG_1128.jpg
まずはABSの塊を用意(ちょうど良い丸棒が無かった)
それを旋盤に咥えて適当な太さの丸棒を削りだします。IMG_1131.jpg


この部分を使うのではなく、こちらを再び旋盤に咥えてまずはドリルを使い直径16mmの穴を開けます。IMG_1132.jpg


その後ツールを変えて内径を17.3mmとして一度旋盤から外します。
ジュラコンの丸棒(白色)をセットして17.35mmを削りだし、そこへ削ったタイヤをセットします。
KENさんの指定が外形23mmだったのでフロント23.1mmリア23.35mmに削ります。
リアは少し大きくしないと、車体につけたとき小さく見えてしまうからです。
この時点である程度の幅にカットしておきます。IMG_1135.jpg


次にタイヤのサイドウォールですが、前後それぞれ内外と4箇所フリーハンドで同じ形に削るのは面倒なので、サイドウォール専用ツールを作成して一気に形を削ります。IMG_1137.jpg


あとは旋盤にセットしたまま角の部分に手でRをつけ、スポンジヤすりで全体を磨けば完成。
スポンジヤすりを使うときはコナが目に詰まらないよう油を付けながら使用します。水だと旋盤が錆びる(笑)IMG_1139.jpg


ただどうも小さすぎ(タイヤの扁平率が低すぎ)のような気がします。
どうも50扁平くらいになってしまった・・実車はもう少し扁平率が高いですね。kankkunenportugal845 コピー

そこで上記の方法で、外形がフロント24.1mmリア24.35mmの物を勝手に作成(下段の物)IMG_1146a.jpg



早速toさん作成のボディーにあてがってみる。上が最初に作った物で、下が新たに作ったほう。
せっかくなので両方送ってしまおう。IMG_1140.jpg

オマケ
よく見てるHP見てたら、マイカーが載ってた・・・いつ撮られたんだろう??
http://speedhunters.com/archive/2011/05/23/event-gt-gt-ae86-meeting-tsuzuki-pa-pt1.aspx
ただね、うちのは「KE70 Corolla Wagon」じゃなくて「TE73 Corolla Van」です(笑)
スポンサーサイト
  1. 2011/05/26(木) 20:17:28|
  2. その他

TA64 ターマックホイール


KENさんのHP見ていたらSOSのサインがあったのでメールで図面を送ってもらいました。

実はWRCメンバーのtoさん作成のTA64の複製品を譲ってもらえることになっているので、
当方も作るときはターマックと決めていたのでS4用を使おうと思ってました。
ところが外形が大きいと事なので、当方がリムを作ってKENさんに複製してもらう手筈です。

今回も材料はABS。
まずは旋盤で17.2mmに削りこみます。IMG_1076.jpg

その後適当な長さでカットして、彫刻機に加工を移してセンター部を掘ります。IMG_1077.jpg

図面にそって各段差を加工していきます。IMG_1078.jpg

その後旋盤にセットして3Mのスポンジヤスリを使いリムの切削痕を消して、磨きます。
さらに旋盤でフロント9mm、リア11mmにカット。IMG_1087.jpg

スポーク部周辺にあるボルトの穴を掘ってほしいとのことだったので、ここは別パーツとして0.35mmの穴を20個開けます。ただ手作業ではうまくいかなそうだったのでNCマシニングセンタで抜きました。IMG_1096.jpg


抜けたリングをリムにセットして完成。IMG_1110.jpg

ただKENさんがこの後加工すると思ったので、このリングは接着せずに発送しました。
デジタルノギスで寸法確認しながら進めましたが、0.1mm以下の誤差はご勘弁を(笑)

センター部分はKENさんが進めているので続きはKENさんのHPにて。

  1. 2011/05/18(水) 21:03:35|
  2. TA64

LANCIA ECV Ver.2 8

結局ホビーショー行きませんでした。

新製品の展示を見るのも目的ですが、同時開催のモデラーズフリマでの買い物がメインですから。
やっぱり土曜日に行かないと、いい物残ってないしね~。
新製品はメーカーやショップ、また個人のブログで確認できます。

そういえばHPIのブログ見てたらメルセデス190E DTMのモックアップが展示されているみたいですね。
フォードRS200は聞いていたのですが、190Eとは・・・先日HPIのIさんが我が家にいらした折にダブってる190Eが載っているレーシンオンを差し上げたのですがこれだったんですね。

SONAXやBERLIN2000カラーは間違いなく出ると思いますが、出来れば市販車バージョンも欲しい。



さてECVですがタイヤを旋盤を使って製作しました。
それに新規でゴム型作るとなると結構な金額になるらしいので。
ちなみにリアにはハセガワのロータス79のフロントタイヤがいい感じなのですが・・・IMG_1062.jpg

で、前回作ったとき形が分からなかったダクト部分は今回のレストアで半透明の板で構成されていることが分かったのでABS板で再現。ここにインタークーラーのパーツも一体にしようかと思っています。
ちなみにメーカーはここを透明レジンで抜いてくれるかな??・・・たぶん普通のレジンだろうな。IMG_1060.jpg

取り合えずあり物を組んで見ました。
せっかくなのでもう一台引っ張り出してきて撮影(笑)
見比べると以前作ったやつはけっこうダメダメな部分多し!
まあ資料が無かった当時としてはよく出来たほうですが・・IMG_1068.jpg

実際組んでみて写真と見比べると問題点も浮上しました。サイドスカート下部の厚み不足なので0.25mm付け足して成形。IMG_1069.jpg

その後リアのフィンを差し込む溝を0.6mm幅で掘ったABS板をCピラー裏に接着。IMG_1072.jpg
書くと簡単ですが、板を切り出し、ハイトゲージで線をケガいたりと、左右で30分以上掛かってます(会社の機器がなければもっと掛かってますね)。

今月中にはいけるか・・・・・いや無理だな(汗)
  1. 2011/05/15(日) 22:46:36|
  2. LANCIA ECV Ver.2

LANCIA ECV Ver.2 7

Cピラー部のダクトの内側をリューターで切削。
IMG_1039.jpg

ちなみにこの内側にはフィン(青矢印部)が付くので、後でプラ板orABS板で製作する予定。20.jpg

その後ダクトに付くウィングに着手。
素材はABSの板で、この部品の位置決めの為だけに新規でアクリル治具を製作。
まあ他にも使えるから作って置いて損はない(笑)IMG_1044.jpg

リアバンパーはセンター部分の板と両サイドの凹みを再現して、後はマフラーの穴を開ければ一応完成。
原型なので、この後表面の仕上げがありますけどね。IMG_1041.jpg
  1. 2011/05/13(金) 22:20:51|
  2. LANCIA ECV Ver.2

LANCIA ECV Ver.2 6

いや~進まない(困)
「似て非なるもの」とはこのことで、S4とECVって結構違うから大変。

さてダクト部分に入ります。
前回はKENさんのトランスキットの物を使用しましたが、今回はABSまずマスキングゾルを塗って張り付き防止剤とします。
ポリパテを塗りとりあえず大雑把にカットした板を押し付けます。IMG_1011.jpg


その後厚みを増す為にABSの板を接着。IMG_1015.jpg

ABSと黒瞬着なので硬い。
そこでハンドグラインダーやリューターで形を出していきます。さらに隙間を埋めるためにマスキングテープを貼り黒瞬着。黒瞬着だとマスキングゾルではダメっぽいので。IMG_1019.jpg

ある程度形になったら、ボディーのCピラーにダボを付けます。
このダクトは別パーツにしないとアンダーになってしまうので複製できませんから。IMG_1023.jpg

最終的にはこのような形になります。
リアフェンダー後部のラインもECVはS4とは違うので修正。IMG_1025.jpg


今週末は静岡ホビーショーですね。
ここ数年皆勤賞なので、今年も行く予定なのですが今回はなぜか第2週目。
去年までは第3週だったので土曜日に行っていたのですが、ことしは日曜日に行かないと・・・

  1. 2011/05/09(月) 21:53:37|
  2. LANCIA ECV Ver.2

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。