MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LANCIA ECV Ver.2 5

フロントはなんとか形になったので、細かい仕上げや内側の工作をする前に全体を把握しなければいけないので、サイドステップに取り掛かります。
5mm角にカットしたABS角棒と、2.5mm厚で幅6.5mmにカットし片側に22度のテーパーをつけたものを作成。
それらをそれぞれカットして重ねて仕上げ。IMG_0988.jpg

その後サイドスカート前後の形状を写真を見ながらカッターやノミを使い成形。
内側はとりあえず後回しで外観だけ仕上げました。IMG_0996.jpg


だいぶ形になってきましたが、リアのダクトやルーフ上のスポイラーなどまだまだ面倒な部分があります。
形にするだけではなく、キット化に向けた分割や抜きテーパー付けなどの作業もあるので大変。IMG_1001.jpg


今日は朝からAIR JORDAN 5 T23購入の為某スポーツ用品店に朝から並んでました。
なんせ20年来のエアージョーダンマニアですから(笑)
抽選販売だったのですが、運良くマイサイズの27.5cmを購入できてラッキー♪IMG_1002.jpg


その後頼んでおいた品物が届いたということで、KENさんのお宅へ。
近くのファミレスに行ってプチミ♪

わざわざ取りに行くのは送料と振込手数料を節約出来るって言うのもあるけど、
KENさんと模型やラリーカーの話が出来るって言うのが一番の目的。
普段なかなか近くにそういう話を出来る人がいないんだよね。


HPにUPされていた海外製プラモや製作中のTA64を見せてもらいました。
しかし海外製プラモは確かに、すごい。
「タミヤのキット」といわれてもわからないレベルの出来。
フィエスタは出たら欲しいな~。フォーカスもアブダビカラーじゃなければ良いのだけど・・・今後のバリエーション展開に期待。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/29(金) 19:43:28|
  2. 更新情報

LANCIA ECV Ver.2 4

複製したストラダーレのボディをECVにするための変更を行います。
まずはフロントバンパーをばっさりとカット。
それと前後カウルのフックと給油口を埋めます。IMG_0900.jpg

続いてフロントマスクをABSの板から作ります。
ある程度の大きさにカットして、後は資料を見ながらひたすら削って盛っての繰り返し。
ちなみにABSは一般のプラモに使われるスチロール樹脂お1.5倍くらい硬いです(汗)IMG_0946.jpg
以前UPしたレストア中の写真からも分かるように、フロント先端にライトカバーが覆いかぶさるので、ボディー先端のその分をカットしています。

その後ライトとグリルを彫刻機で穴あけ。
ここは裏からメッシュを貼るようにするためまだ加工しなくてはいけません。IMG_0951.jpg

続いてはバンパーです。
ここもABSで作ります。
バンパー下左右にはエアトンネルがあり、一体では無理なので分割とします。上側はボディーに接着予定。
とりあえず現状ではボディーとバンパー上下それぞれにダボを打ち、バンパーのみで作業できるようにして形状確認するときもすぐ位置が出せるようにしています。IMG_0973.jpg

前回作ったときはネットで拾った画像数点と、手持ちの資料のみで作っていて気付かなかったのですがPIRELLIのロゴ下に段差があり(写真1部)、さらにフロントリップ部分にも凹みがあるのを確認したので(写真2部)今回はそれらも再現します。
今回は資料も増え、ネットで拾った画像も600枚以上あるので万全。101_0174.jpg

当初は上下分割ラインを真直ぐにしていたのですがこれだとエアトンネル内の目立つところに分割ラインが来るので、分割ラインを変更して見えにくくしました。
変更前IMG_0976.jpg

変更後IMG_0987.jpg


久しぶりにWRC PULSを買いました。
最近のWRCとラリーカーに興味が無いのでグループAやグループBが載っているときしか買わないのですが、今回はトヨタの試作車両がたくさん載っていたので迷わずGET。
おととしのホビーフォーラムで、編集部の方に「カローラFXベースのテストカーの写真ないですか?」と聞いてみたら、「近々取材する予定です」と言われてはや1年半・・・やっと見れました。
ただフロントフェンダーの後ろから撮った写真がないのが残念。多分エア抜きの穴が開いてるのでしょうけど。
こんなこともあろうかとFXのキットも入手しておいたし(笑)IMG_0963.jpg
  1. 2011/04/27(水) 23:16:38|
  2. LANCIA ECV Ver.2

LANCIA DELTA S4 TESTCAR

複製したストラダーレをベースにECV Ver.2の製作を開始しました。
その様子は後日(笑)


以前紹介したプレゼン仕様から一歩進んだテストカーの記事が載っている雑誌を紹介します。IMG_0932.jpg

上の2点はコスタスメラルダに出走したテストカーが載っています。
まずは左上、auto motor und sportの1985年5月29日号。
カラーと白黒5ページに渡り紹介されています。
比較として持ち込まれた赤の037ラリーの後姿も確認できますね。IMG_0933.jpg
IMG_0934.jpg
IMG_0935.jpg

右上は三栄書房のオートスポーツ1985年6月15日号(No.423)。
こちらは見開き2ページのみの掲載ですが、日本の本なので入手は比較的楽かも。IMG_0936.jpg

ちなみにコスタスメラルダに出場したこの車両、まだ開発の初期段階のもので、テールレンズはストラダーレのテールレンズ部の凹みがそのまま残っていてそこにラリー用の小さいテールレンズをはめたり、ボンネットや、サイドシル下にエア路パーツが付いていたりと試行錯誤している様子が見て取れます。
ブラーゴの1/24のミニカーが変な形なのは、多分このテストカーとストラダーレを混ぜて作ってしまったからでしょう。s4 TEST

次は下の2冊。
こちらはs4のデビュー戦となった1985年RAC前のテストカーが載っています。
左下から、AUTOCAR 1985nenn11月20日号。
記事としてはRACラリーの出場者の紹介やの見所などを紹介していて、その中で「ランチアの新車が出るよ」的な紹介がされています。IMG_0937.jpg
IMG_0939.jpg

最後は右下のMotor 1985年11月23日号。
こちらもRACに向けてのテストを取材した記事ですが、当時ティレルチームに所属していたマーティン・ブランドルがマルク・アレンの助手席に同乗しています。
のちのワークスラリーカーの姿になっていますが、まだフロントスポイラーはミルピステラリーと同じ形状となっています。IMG_0940.jpg
IMG_0941.jpg

これらもいずれは作ってみたい仕様ではありますね。



  1. 2011/04/24(日) 22:52:10|
  2. その他

LANCIA DELTA S4 STRADALE 12

型が出来上がったので、ボディーの複製をしました。

しかし真空脱泡機を使っても、どうもサイドシル辺りに空気が溜まってしまう。
やっぱりポンプのパワーが足りていない様子。

そこでエア抜きの穴を急遽リアに設けて再トライしましたがどうもダメ。
そこで型の脇にカッターで溝を切り、すべて注入口またはリアのエア抜き穴につなげて再トライ。
でもなかなかうまくいかず、NG品が増えていくばかり(ToT)
どんどん溝を増設してメイク&トライ。
IMG_0888.jpg

まあなんとか複製できました。
ルーフ裏側に気泡があるけど、見えないのでOK。
別に売るわけじゃないし(笑)IMG_0890.jpg

とりあえずストラダーレとして作る分や、86モンテにする分、プレゼン仕様にする分、ECvのベースにする分等複製完了。
ちょうどレジンもなくなったので、複製作業はとりあえず置いといてECVへ移行しますか。
ストラダーレを進めたくても、ストラダーレ用の他のパーツを複製する為のシリコンがない・・・また買わなきゃ。

シリコン&レジン代も馬鹿にならないな~(困)IMG_0894.jpg

NG品のボディーを使ってバキューム用の型を作ります。
キャビンの形状を変えたのでKENさんの窓パーツが合わなくなってしまったので・・もし合えばバキューム型を借りようかと思っていたんだけど。

フロントガラス部分に表からテープを貼り、ボディー内側にグリスを塗ってポリパテを流して硬化させます。
固まってから盛って削っての作業が待ってるんですけどね・・・汗IMG_0893.jpg



そうえいばビザールからECVのバリエーションとして、2010ラリーレジェンドバージョンが出るみたいですね。
デカール替えだけでしょうけど、すでに予約済み(笑)
  1. 2011/04/20(水) 21:43:30|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

LANCIA DELTA S4 STRADALE 11

ボディーの複製に入りました。
粘土埋め・・・ぶっちゃけ、この作業が一番嫌い(笑)

窓枠は内側からテープ貼って済まそうかなと思ったのだけど、先日KENさんから「真空引きするなら粘土で埋めておいたほうが良いんじゃない」とアドバイスを貰ったので、クレオスの粘土2個使ってみっちり詰めました。
その後テーパーをつけた丸棒でダボ打ち。IMG_0882.jpg
IMG_0884.jpg

片面取り終わったら、粘土を取り除きレジン給油口をつけます(ABS丸棒)。
真空引きですが、念のためエアがたまりそうな部分に細い丸棒を接着してエア溜りを設置。
その後離型剤を塗って再びアクリルの枠を組んでシリコン注入へ。IMG_0885.jpg

しかし1/24ボディーの複製すると、両面で1kg以上シリコンを使うんですよね。
以前使った古い方をそのまま中に沈めたり、こま切りにしたシリコン型を入れて嵩を増してはいるんですが・・・


オマケです。
HPIのレガシィ用ターマックホイール2種を複製しました。
同社のデルタとかに使えるかなと思って(笑)
真空脱泡の威力か、ゲートが細くても物が小さくても気泡は皆無。
複製がうまくいくとついつい一杯複製してしまう。IMG_0876.jpg
  1. 2011/04/15(金) 21:25:27|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

LANCIA DELTA S4 STRADALE 10

シャシーの複製が終わりました。
流れとしては粘土を取り、離型剤を塗ってシリコンを流して一晩。

RCベルグの180タイプ(グレー)を流し込んで真空脱泡。
見えにくいですがレジン注入口は2箇所開いてます。IMG_0864.jpg

出来上がりはこんな感じ。シャシーの下にはシリコン。その下の真っ白な板は補強をかねたジュラコンの板です。IMG_0866.jpg
上面(複製時は下側になる)は細かい部分までレジンがきちんと流れ、エッジにも気泡がたまってません。さすが真空脱泡!IMG_0869.jpg

ただ裏側には結構気泡があるんですよね。
一番最初の画像を見てもらうと分かるのですが、型の上にレジンが残ってます。
まず型の周りにテープを巻いて壁を作り、型にレジンを流し込みさらに型からあふれるくらいレジンを入れて脱泡。
この時型の中から空気が抜けてきて、真空状態になると沸騰します。その後コックを開けて常圧にすると、空気が一気にデジケーターに流れ込んでレジンを型の中へ押し込みのですが、型の上にあるレジンが少ないと沸騰したときの泡がそのまま型の中へ入ってしまうからなのです。

対策としては型の上にあるレジンを増やせばよいのですが、この部分は捨てるのでなるべくこの量は少なくしたい。しかしレジン注入口にはレジンの高さを稼ぎたい。
ということでアクリルパイプをカットして、型に固定。もちろん内側には離型剤を塗っておきます。
こうすればアクリルパイプ内だけにレジンが貯まっていれば良いのでレジン量が飛躍的に少なくて済みます。
そしてレジンを流し込み脱泡。IMG_0871.jpg

まあこれでなんとか使えそうなシャシーが出来ました
気泡が入ってしまったシャシーは気泡部分をテープで囲み、余ったレジンを流して再利用(笑)

しかし真空脱泡機がないと全く参考になりませんね。IMG_0873.jpg
  1. 2011/04/13(水) 21:41:58|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

LANCIA DELTA S4 STRADALE 9

複製しようと思ったのだけど、どうもキャビンが低く見える。

真横からの画像を元に寸法を追っているのでルーフの高さなどは間違いはないのだが、どうも窓枠が太いせいで窓が薄くいえてキャビンが低く見ている。
そこで窓枠を少し細くした(赤矢印部)。
もちろんその内側やガラスパーツをつけるのりしろもそれに付随して広げる。IMG_0847.jpg

ボディーの加工をしてパテを盛ったので複製できない。
そこで先にシャシーから複製に入りました。
会社で要らなくなったアクリル板に粘土を盛ってシャシーを固定。
型の位置ズレ防止に丸棒でダボを打つ。
ズレ防止なので結構深めに大量に打ちました。IMG_0845.jpg

IMG_0846.jpg

その後周りを囲んで、脱泡したシリコンを流し込みます。
シリコンを流したら再び脱泡。
通常はシリコンは脱泡しなくても良いのですが、今回は肘掛の部分などエア噛みそうだったので念のため。


  1. 2011/04/10(日) 17:56:21|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

LANCIA DELTA S4 STRADALE 8

とりあえずボディが出来たのでUPします。
今週末には複製に入りたい。
IMG_0830.jpg
IMG_0838.jpg
IMG_0832.jpg
IMG_0828.jpg
IMG_0843.jpg
  1. 2011/04/06(水) 20:42:25|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

LANCIA ECV掲載雑誌 その5

現在発売中のカーグラフィックVol.602(2011年5月号)にECVの記事が掲載されています。

IMG_0122.jpg

ページ数は6ページで(厳密に言うと32ページの右下に小さい写真があるので7ページ)、写真は先日紹介した AUTO italiaと同じ写真もありますが、アングルが違う写真も載ってます。
細かいディテールまでは載っていないので資料性は低いですが、日本の書店で気軽に購入できる本だからありがたい。
IMG_0123.jpg




当時の様子やレストアに関する記事が載せられていて、それによるとやはり今回使ったボディ&シャシーは当方が以前推測したとおりS4の物だそう。
ECVのカーボンモノコック&シャシーはECV2に使ったと別資料に記載されていたしね。

カーグラフィックなんて久々に最新号を定価で買ったな。
ブックオフで105円のやつはたまに買うけど(笑)



  1. 2011/04/01(金) 21:30:44|
  2. ECV関係

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。