MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HPI SUBARU LEGACY

デルタS4の方はほぼボディーが完成しました。その様子はのちほど・・・笑

さて今年に入りリリースされたHPIの1/43のレガシィです。
今までモデル化に恵まれなった初代レガシィですが、HPI以外にもIXO(ALTAYAブランドではすでに出ている)とコーギーからリリースされることになりなぜかレガシィバブル状態。コーギーのはちゃちいので買いませんがIXOの市販車は気になるな・・HPIはプレーンカラー仕様は出してるけど内装等はラリー車のままだし。
今回のレガシィ、今までのHPI製品とは違いメタノールっぽい匂いがします・・なぜ??

んでHPIのレガシィですがちょこっちょこ買っていたらいつの間にかこんなことに(青い箱はWRC PLUS版)。
しかもMANX2種も予約済みだし・・・どんだけHPIの売り上げに貢献してるんだ俺(笑)IMG_0065.jpg


毎度の事ながら実車を3Dスキャンして徹底した実車取材の元に作られているのでもうこれで十分です、1/24のプラモ作る気がしない(結構な数積んであるのに)。
グラベルタイヤの出来も良く、出来ることならセリカのグラベルタイヤすべてこれに交換したい・・・
デモ気になる点がいくつかあります。

・キャビンが低く見える。
・タイヤがナロー過ぎる
・車高が高い(特にリア)
の3点です。
もっと細かいことを言えばフロントバンパー下の左右にあるダクトの形状が結構イベントごとに違うので、ミニカーによっては実車と違う物もあるのですが。

まずはキャビンが低く見える原因ですが、窓のパーツの下側に黒いラインがあります。実車でも窓ガラスとドアの隙間からゴミが入らないようにモールが存在しますが、1/43にしてはちょっと太すぎるかなと。ドアにも黒いモールが印刷されているので、リューターでカシメを削り窓パーツを外します。その後下側の印刷をガンダムマーカーの消しペンを含ませた綿棒で擦り印刷を落とします。RIMG2508.jpg
あとはボディーにセットしなおして、クリアボンドで留めて終了。だいぶ印象が変わりますよ♪

トレッドの調整ですがたまたまいいサイズのワッシャー(直径4mm、内径2.2mm、厚さ0.35mm)が大量にあったのでそれを使用。
グラベル仕様ではリアのみ片側1枚ずつ入れてトータルで0.7mm広くしています。
ターマック仕様では93コルス&プレーンカラー用の5本スポークホイールは前後とも左右1枚づつ。
テストカー&RACターマックステージ用の7本スポークホイールはフロント左右各1枚づつ、リア左右各2枚づつ入れてます。片側に2枚入れると位置決めの出っ張りがシャシー側の凹みに刺さらなくなり、ブレーキがクルクル廻っちゃうので思いっきりホイールを左右から押して回転しないようにしておきます。RIMG2558.jpg
ツライチ具合が、かっこ良い。RIMG2555.jpg


続いて車高調整です。
アクロポリスやスウェデッシュはそれほど車高は低く無くてもよいのですが(でもリアだけは落としたい)、’93ニュージーランドはエスコートの影響もありかなり車高が低いです。

今回のレガシィは車軸を止めるブロックの向きで車高調整しています(すごいナイスな発想だ!)。前後とも左がターマック仕様で右がグラベル仕様ですがターマック仕様の向きに換えます。ただリアは接着されているのでマイナスドライバー等でこじって外すのですが、位置決めの細いピンは確実に折れます。もし真似される方は自己責任で。RIMG2562.jpg
RIMG2564.jpg

で、実際上記3点の加工をしたのがこちら。RIMG2539.jpgRIMG2540.jpg

やっぱりこの位じゃないとね。
多分三鷹にある’93NZの優勝車の車高を元に設計されているのでしょうけど、アレは実際のラリーの時とは車高がだいぶ違うので。
当時のNHKのビデオを見直しても車高はこれ位です。
ただこの車高調整を行うとリアのマッドフラップが地面に接触します。ターマック仕様の’91RACマクレー車(品番8188)は無加工状態でマッドフラップが地面に接触してリアタイヤがほんの少し浮いてます。

そこでリアのマッドフラップを’92スウェデッシュの巻いてる状態のものと交換しました。
’93ニュージーランドではバタネン(SS12でリアタイア)&ボーン(6位入賞)は終止マッドフラップをたらした状態なのですが、マクレー車は第1レグと第3レグのみマッドフラップを巻いていますのでこれでOK。

今回は今までのHPIデカールの中でも一番枚数が多い。HPIスタッフのブログでデカール貼りのコツを紹介していますが、当方のやり方を紹介。基本的にはHPIブログに準じますが、それ以外にあると便利な物は以下の通り。RIMG2565.jpg
まず最初にやったのがめがね拭きクロスでボディー全体を拭いて指紋を消す作業。
その後デカールを貼り、水をつけた綿棒を熱した半田ごてに当てます。すると綿棒の先が蒸しタオルのような状態になりますので、それをデカールの上から軽く押し当てるとデカールが軟らかくなりボディーになじみます。
特にモールのあるボディーサイドやフロントバンパーのモールに掛かる555デカールには効果覿面。
軟化材だとデカールがしわになったり、溶けたりする可能性もありますが、この方法だと軟化材を使用せずとも綺麗に貼れます。
温度としては温めた綿棒を手に当てて「暖かい」と感じるくらい。「熱い」ではまずいですよ、特に前後バンパーはプラパーツですから!
この方法が必要なのは上記の部分と右リアの給油口に掛かる555位で、後は平面なので不要ですね(まあ温めた方が軟化して密着度は上がるので効果的ですけど)。


さて今回一番お気に入りなのはやはりアレンのテストカー。
上記のようにワッシャーでトレッド調整してます。車高も少しおとした方がいいかなと思うんですが、それよりも気になる部分があったのでご紹介。ルーフベンチレーターです。どうしてもプラパーツなので強度やプラの流れの関係上厚くなっています。そこで一度パーツを外し(ボディーの裏側から溶かして固定している部分を削り、固定用ピンを千枚通しのような物で押して取る)厚みを0.7mmから0.4mmにフライスして再度接着しました(左が加工後)RIMG2544.jpg
塗装するのが面倒だったのでこの方法を取りましたが、彫刻機等の加工機器がない場合プラ板で作り直すほうが早いかもしれませんね。
さてこのテストカーですが、HPIのスタッフブログの写真やミニカーショップの予約表の写真で分かるように実車は存在しています(プレーンカラーとは違うんですよ)。89テスト2

あとスバルの広報誌にその資料がありますのでご紹介。1989年から発行されたスバルモータースポーツ誌「BOXER SOUND」です。IMG_0076.jpg
当方GD・GG型はあんまり興味ないので1999年(40号)までしか集めていません(2・4・16・34・35・38号未入手)
その中の3号にテストカーの記事があります。このときはプロドライブ周辺と思しき場所のテストで車高もちょい高め。IMG_0077.jpg

この写真ではボンネット先端にSUBARUではなくSTIのステッカーが貼られています。、レガシィ試作車1
その後ナンバーやミシュランステッカーを貼ってグラベルテストをしたりしてます。89テスト1 コピー
ナンバー位置をずらしリアフェンダーにもミシュランステッカーを貼り、リアスポを外してみたりracpics8 コピー
またこれはフロントガラスのステッカーが変更になり、フロントバンパーにメッキモールが無くコーナーレンズも違いますね、同一車両なのか??Service2 コピー

今後もHPIのレガシィバリエーションは増えていくんでしょうね。
個人的には↓が欲しいけど、多分出ないからテストカー&’93Nを組み合わせて作るか・・・デカールもサイドのゼッケンだけで済むし。(厳密に言うとボディーサイドの大555ステッカーの貼る角度が若干違うけど・・・)93’プレゼンテーション

スポンサーサイト
  1. 2011/03/27(日) 19:44:05|
  2. 散財日記

LANCIA ECV掲載雑誌 その4

ご心配をおかけしましたが、実家も復旧しひと段落。
今回は常磐道が使えたので楽でした。

さてそのせいで模型が全く進んでいないので、恒例のECVネタ。
今回もECV関連記事が載っている雑誌のご紹介。RIMG2495.jpg

右上はKENさんのHPでも紹介されているGRACE 2011年1月号(発売は2010年末)。
ECV1.COMで紹介されていてアチコチ探したのだけど、日本の書店では扱っているところが見つからなかった。
洋雑誌の定期購読をしている業者数件に問い合わせたんだけど、「無理」って言われてしまい直で出版社にメール。
すると「銀行に振り込んでくれれば送るよ。」と回答が来たのだけど、振込みに必要な情報が一部抜けていてしかもイタリアへの送金は4000円も手数料がかかるって銀行に言われた。

どうしようかと思っていたときにKENさんのHPを見て、ズウズウしくもお願いしてみた。
KENさんがイタリアの友人の方にメールしてもう一冊送ってくれることになり、取りに行った時にプチミーティングとなったわけです。

KENさん、友人のイタリア人の方ありがとうございました。

ちなみにECV1.COMのページからPDFファイルでダウンロードできるので、当方のようにわざわざ入手しなくても見れます・・・・当方はECVマニアなので(笑)

ECV1.COM PRESS REVIEWのページはこちら

続いては以前紹介したAUTO Italia ISSUE 179(イギリスで発行されているイタリア車専門誌)です。
こちらは日本の業者がバックナンバー扱いで入手可能とのことで、昨年末発売の179号がバックナンバーになるのを待っていたのですがなかなかバックナンバーのページにUPされませんでした。
2月に入ってもバックナンバーとしてUPされないので編集部にメールしたところ、こちらも「銀行に振り込んでくれれば日本にも送れるよ、ただしコピーだけど」と回答が。
ん?コピー??・・・再度確認しても「雑誌は無い、コピーになる。」との回答が。

散々待ってコピーなんか要るかい、ってことでネットで探したらオランダの書店で発見。
いつもebayの代行をお願いしている業者に頼んでほかのAUTO Italiaも一緒に購入。
メインはニューストラトス(巻頭特集もニューストラトス)なんだけど、目次ページを見るとECVがデカデカと載っている。内容もAUTO Italiaのためにわざわざ取材したので他には載っていない写真ばかり。RIMG2497.jpg
RIMG2500.jpg

続いては右下。
これはebayにこのページだけ売りに出ていた。しかもECVじゃなくてLANCIA DELTA S4の記事として(笑)
たった1ページですがボローニャショーの写真で写真3点とも見たこと無いアングルだったので迷わず購入。RIMG2502.jpg

最後は左下のAUTOMOVIL formulano1990年1月号(Num 144)
こっちはECV2がメインで8Vと16V(赤マルティニ)のデルタの試乗記事が載っています。

数年前にネットで以下のページを発見して(05-sep-2008, 11:07 の記事ね)、雑誌を特定するところから始まりさらに入手する為にネットを徘徊。

http://www.forocoches.com/foro/showthread.php?t=102123

ようやくスペインの怪しげな書店で発見したのだが、どこの輸入代行業者も
「スペインは取り扱いがない」とか「住所等がないのでうちでは無理」といわれ続け、やっと1件の業者が代行を引き受けてくれた。
待つこと2週間弱、他の雑誌と共に無事到着したというわけ。

さてECVですが、今年に入りAUTOMOTORETROというイベントに展示されたそう。
早速ネットで探していくつかのページで写真を発見。
このイベントでは037の試作1号車やアバルト035も展示されていたのでそれらの資料も入手できた。
いつかは1/24で作って並べたいな~。

ECVのページ

037試作1号車のページ

アバルト035のページ
  1. 2011/03/21(月) 17:18:52|
  2. ECV関係

ご報告

11日
地震発生時、会社の新しい営業者車(アウディの2年落ちのピカピカの中古車)に乗って大田区の国道15号上にいました。
箱根駅伝で京急の踏切を渡りますが、まさにあそこ。

最初は道路下を工事しているのでそのせいかと思いましたがどうも様子がおかしい。
ナビをテレビに切り替えると地震速報が。
その後すぐ近くの試作の展示会場に入ったが、手続きをしていざ会場へと思った瞬間茨城沖が震源の第2発目が!

その後展示を見るのもソコソコに帰社。
帰る途中ナビでテレビを見ていると悲惨な状況があらわに・・・
帰る途中の川崎はドコも停電。
運良く我が社&自宅(横浜)は停電はしていなかった、水道も大丈夫。
ただ携帯も自宅の固定電話も繋がらない。

ちなみに我が家は数百冊ある雑誌&数百個あるプラモが散乱しひどい状況に。
でもそれ以外は大丈夫だったので片付けは1時間弱で終了。
ただ茨城の実家とは連絡とれず。

そうこうするうちに6時半過ぎに弟からメールが。「とりあえず家族は無事。那珂市は震6弱で電気&水道ストップ」。
結局この日は電話は繋がらなかった。

12日
朝早く電話すると親父の携帯のみ繋がった。弟の携帯は電池切れ。
「家の中はメチャクチャだけど、家自体は大丈夫。食べる物も無いから帰ってこなくてもいいよ」とのこと。


帰ってこなくてもいいと言われても、そうはいくまい。

とりあえず土曜日も仕事だったので、仕事前にスタンドに行ってガソリンを入れてきた。
仕事は午前中のみで切り上げとなったので、隣のコンビニで食料と飲み物を購入。ただ肝心の弁当・おにぎり・パン・水は無し・・さらにスーパーへ行き食料と飲み物を追加購入して(合計1万円分くらい)車に乗せて、午後2時に自宅へ出発。

高速が通行止めなので国道6号を北上。横浜~上野まではスムーズだったが雷門前からは大渋滞。カロバンにはナビが無いので地図を見ながら6号沿いの裏道を攻める!
5時過ぎになんとか都内を抜け千葉に入る。ただまだまだ大渋滞。しかし千葉辺りではこの時点で店(コンビに・飲食店・スタンドなど)も普通にやっていた(コンビニの食料はないけど)。

利根川を越えやっと茨城県へ。
相変わらずの大渋滞なので側道や6号横の農道などを攻める!
取手でスタンドがやっていたのでガソリンをいれ、再出発。
弟から電話が掛かってきて7時過ぎに電気が復旧したとのこと。

牛久を過ぎた辺りからスムーズになったが結局到着したのは11時過ぎ・・・・所要時間約9時間。石岡手前で事故起こしたやつがいて片側通行になっていたので、6号からそれて見知らぬ山の中を抜けていった。
その日は就寝して翌日に備える。

13日
とりあえず被害状況を把握。
家自体は大丈夫だが、室内&自宅周辺は結構大変。午前中は片づけや修理。
をして昼飯を食った後、母親とおにぎりを持って平磯の親戚宅へ向かう。
平磯は海に面していて津波の危険もあり、もちろんこの時点で電話は通じていない。
車で15分ほどの距離だが途中の信号はほとんど点いていない。橋の部分は段差が出来ていて砂利や土嚢が盛ってあり、徐行してなんとか通過。
親戚宅へ着くと店(酒屋)の中はメチャクチャで、表の道路まで酒臭い。
ただ奥の自宅はほとんど被害が無かったようだ。水&電気は来ていなかったが、近所の井戸がある家から水を貰ってきていたので米は炊けたらしい。
親戚の家は海岸線から直線距離で200Mほどのところにあるのだが、津波は大丈夫だった。
平磯は海岸線からすぐの家が床上浸水した程度。

その後家に戻り、片付け&修理再開。


14日
本来仕事だが、会社に電話して休みを取った。
午前中平磯から電話があり電気のみ復旧したとのこと。
実家の水道も相変わらずだ。那珂市の浄水場のメインの配管がやられているらしく水道の復旧は結構掛かりそう。
夜から雨の予報だったので片付け&修理を済ませ屋根の補修へ。
業者に頼んでも半年先ぐらいになるだろうし、2階建てなのだが1階部分&2階部分の修理もやった。
まあ周りの古い家に比べれば損傷は軽傷。割れている瓦をあわせてコーキングで補修。粉々になった瓦は取り外しアルミ板を載せてコーキング処理。
とりあえず雨が入ってこなければいいのだ(見た目はひどい・・・笑)

15日
本日も休みにしてもらった。
とりあえず力仕事は終わらせたので、ビニールハウスの修理もして昼飯を食って横浜に戻る。
1時半過ぎに出発して8時過ぎに到着。
松戸辺りがちょっと渋滞していた。

時間とガソリンがあれば同級生宅を廻れたのだが、どちらにも余裕が無かった。ただ水戸市内(一部)は電気も水道も他よりは早かったみたい。

ちなみに父方のいとこの家は偕楽園前なのだが、他の家の壁が倒れたのをすぐ自衛隊が来て直していたと言っていた。
いくら偕楽園だからって自衛隊まで使って優先させるか普通・・?

実家は裏に母親の実家があり、そこに水道とは別経路で井戸がある。
電動ポンプで汲み上げるので停電のときは蛇口から井戸水は出てこないが、ヤカンにロープをむすんで手で組みあげていたらしい。
電気は無くとも、弟がキャンプをよくしているので灯り&コンロなどの道具があって、とりあえずはなんとかなっていた。

正直井戸があってかなり助かった。
井戸水のおかげて水(トイレや風呂など)に困ることはなかったし、水道復旧までは給水所に行かなくても済みそう。
飲み水として使うには一回沸騰させればOKだしね。


平磯で聞いた話だと給水所は数時間待ちで、一人当たり数リットル。待っていてももらえない人もいたとか・・・平磯にひたちなか市の行く途中の学校の校庭にも長蛇の列が出来ていた。
平磯の親戚の家も井戸があり電気が来たので水には困らないだろう。

ただいまだに震度3くらいの余震があります。
しまいには朝、余震で目が覚めるしまつ(困)

福島や宮城ばかり報道されていて、茨城は軽視されていますが大洗にも津波がきたしどこも大変です。
被害のある茨城まで計画停電の範囲に入ったし(翌日に茨城は計画停電実施地域から外れたが・・)


常磐道が復旧したので(水戸まで)、ガソリンが手に入れば今週末も物資を届けに帰ろうと思うのだけどなかなかガソリンが手に入らない。

とりあえず模型は地震前からほとんど進んでいません。
  1. 2011/03/17(木) 08:21:14|
  2. 更新情報

LANCIA DELTA S4 STRADALE 7

2月中に複製をと思ったけど、そうはうまくいかない。
シャシーのほうを進めました。
リア部分ですがハセガワの037を流用と思ったけど、結局ほとんどの部分を作り直し(白い部分が037のパーツ)RIMG2418.jpg

しかしこの形に行き着くまで1日中弄繰り回してましたよ・・・
現在フロント部分とリア部分2分割ですが、一体化するか思案中。RIMG2428.jpg


ボディーを被せるとこんな感じ。どうせストラダーレはこの上にボード載せるし、ワークスカーはダクトが来るのでこんなもんで良いでしょう。
ECVのときはスリットからエンジン部が見えるから上げ底エンジン載せないとな。RIMG2425.jpg

ボディーとシャシーの合わせ方法はどうしようかとずっと悩んでます。
まあネジで止めるんですがボディー側のネジ受けは複製時にアンダーにならないよう結局隅っこにボックスを追加。
このサイズだとM2位のタッピングしか使えないな・・RIMG2453.jpg


シャシーのほうにも基部を追加。RIMG2455.jpg


形が決まれば加工は早いんだけど、作業しているよりも設計している時間のほうが長い。
「複製後反らないようにはどうすればよいか」とか「複製するときアンダーにならす、流れを良くするにはどうすればよいか」「後で組み立てるときどうすれば楽になるのか」などなど・・・悩RIMG2448.jpg
  1. 2011/03/01(火) 20:27:21|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。