MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真空脱泡機 2

先日作った真空脱泡機ですが、一部改良しました。
まずは真空計。
1500円くらいの物ですが0点の位置もマイナスドライバーで変えられる便利なタイプ。
まあ黄色っていうのがあれですが・・・RIMG2248.jpg

メータを付けて計測したところ最大で-0.095MPgまでいきました。
ちなみに中に紙コップに水を入れ、真空状態にすると約1分で沸騰します(といっても熱くなるわけではない)。
本当は30秒45秒くらいが理想なんですが、周りにブロックなどを入れて真空にする容積を減らせばスピードは上がりますね。

次にコックを増設しました。
減圧した後にBのコックを開き常圧に戻すのですが、そのときこのレイアウトだとポンプにも一気に空気が流れてしまうのが良くないのかなと思いましてね。
Bのコックを開く前にAのコックを閉めるようにしました。
ちなみに減圧してポンプを止めても、Aのコックをしめればデジケーター内の真空が保てます。
また常圧に戻すときに一気にコックを開くとその空気の勢いで型が倒れたり、肩の上のレジンが吹き飛んだりするので、L字継手を付けて空気を横方向(赤矢印)へ逃がすようにしました。RIMG2234.jpg

で、waveのレジンを使っていたのですが撹拌後2分くらいで硬化し始めてしまうのでどうもエアが抜けきりません。
そこでRCベルグの180秒タイプを購入。RIMG2245.jpg

攪拌後に型に流し「減圧して沸騰→コックを開け常圧に戻す」と言う手順です。一連の作業は約1分30秒。
この作業を2回行った後、昔作った加圧脱泡機に入れて加圧。

加圧脱泡機っていっても圧力鍋に自転車のバルブ付けただけのものですが。RIMG2242.jpg
加圧脱泡機から型を取り出すと、硬化が始まるくらい。
初めて使いましたが完全硬化まで結構掛かりますね、おかげで余裕を持って作業できます。
あとはキシレン入りなのが気になるところ・・・

結果はというと完璧です。気泡なんぞ見当たりません。RIMG2233.jpg

フロントタイヤも複製してみましたが、一番細い溝は0.3mm幅で深さ0.4mm。
型を温めもせず、ベビーパウダーも使ってませんが気泡なし。


これで気泡とはおさらば・・・のはず(笑)RIMG2239.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/01/17(月) 21:44:20|
  2. その他

LANCIA DELTA S4 STRADALE 4

ECVを作るのにS4のストラダーレのボディーを作り、それを複製して利用しようと思って作業しています。
一時は原型をECVに改造しようかとも思ったんですけどね。

フロント周りが形になってきたのでリアに移ります。
各種マスキングテープを貼り、それをガイドにラインを出していきます。
S4ってけっこう角が尖ってますからね。RIMG2210.jpg
その後ガラスを載せる為ののりしろ部をABSで製作。RIMG2216.jpg

フロント部分ですが、裏はポリパテを盛りその後PPの板を押し付けて平面を出してあります。
ただ43キットみたいなほうがいいのかなと、試しにABSで削りだしたパーツをあてがってみます。
どうもドアを含めたサイド部分が内側に反ってくるんですよね。
このほうがサイド部分が反ってこないので良いかもしれませんね。RIMG2213.jpg

サイドシルですが片側3パーツで構成しています。ここはストラダーレではかなり複雑な面構成なので資料とにらめっこしながら形状だし。RIMG2227.jpg

実は昨年末のランチアランチ行ってないんですよね。行こうと思っていたんですが開催日を1週間ずれて覚えていて、当日の夕方気付きました・・・時すでに遅し
やはりオーナさんに連絡とって実車を見せてもらおうかな。

ECVのフロントバンパーにも手をつけました。
といってもまだ大まかな形状ですが。ここも分解を考えないと左右下が抜けていますからね~。
RIMG2129.jpg
RIMG2130.jpg
  1. 2011/01/16(日) 22:06:06|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

真空脱泡機

年が明けましたがECVは進まず・・・・

さて新年一発目は複製作業のときに是非欲しい真空脱泡機を作りましたので、そちらから。

まずは真空ポンプ。
ネットで真空脱泡機を自作している人のを見ると大体これを使っているようですね。
ヤフオクが一番安いかと思ったら、ネットで送料無料12600円のところを発見(もちろん新品!)RIMG2202.jpg

デジケーターはアルミ製の寸胴ナベ。
ホームセンターで4980円(ネットだったらもっと安かったかも・・・)RIMG2203.jpg

配管部品やホース類などを買い込み約1500円。
とりあえずデジケーターに穴を開ける前に、10mm厚のアクリル板に穴を開けてテストをしてみました。
1/4のタップとかが普通にあるのはさすが試作屋。RIMG2196.jpg

最初はこのポンプで大丈夫かな?と思いましたが、10mm厚のアクリル板が思いっきり反ります。恐ろしいほどの吸引力(笑)

その後再びホームセンターでMDF材やら取っ手などを買い込みさらに2500円ほど散財。
ポンプとデジケーターを一緒に出来るようにMDF材に固定しました。

固定は裏から彫刻機にてザグりを入れ、圧解防止にワッシャーをかましネジ留め。
ポンプのドレンボルト洋の穴も開けました。
オイルを抜くたびにMDF材から外すの面倒ですからね。
角には10R付ける凝りよう。

RIMG2206.jpg

全体的にはこんな感じになりました。RIMG2207.jpg


結構オイル吹くのでミストキャッチャーも付けましたが、ネット参考にペットボトル&ウエスで0円。
ただペットボトルが動かないようにアクリルでケースを作り固定。RIMG2208.jpg

早速テストしてみましたが若干気泡が残ります・・・やり方なのかきちんと真空になっていないのか?
テストでは圧力計を付けてましたが、何の役にも立たないのできちんと真空計を買って再トライですね。

トータル2万ちょいなんでかなお安く出来ました。
普通だとデジケーターの蓋に20mm厚のアクリル板を数千円で購入するのでしょうけど、そんなの会社にごろごろしてますからね(笑)
  1. 2011/01/09(日) 19:32:59|
  2. その他

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。