MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AUDI SPORT QUATTRO 1984/85

先日KENさんと会って注文していたSCALE productionのアウディスポーツクアトロのトランスキットを受け取ってきました。
ついでに製作中のBX4TCのボディーも見せてもらいましたよ。

色塗ってデカール貼ってあると制作意欲掻き立てられるのですが、一筋縄でいかないのはKENさんのHP見ていて知っているので当方がBX4TCに手をつけるのはまだまだ先になりそうです。


さてこのクアトロのキットですがキットの内容についてはKENさんのページに紹介されているのでそちらをご覧ください。

KENさんのスポーツクアトロのページ

RIMG1685.jpg

当方もこのキットには一枚噛んでますので2個購入。
欲しいのにまだ手元に届いていない方すいません・・・汗
箱を開けるとアレナモデルの1/43キットを思い出す香りがします。
早速1台組んでみました。
と言っても仮組みだけね、買ってきたプラモを「とりあえず形にしないと眠れない!」みたいな感じ(笑)

説明書ではシャシーは19mmカットとなっていますが、事前にKENさんから「正しくは16mmカット」とメールを貰っていたので問題なくカットできました。

カットは最初彫刻機でやったのですが、面倒なので会社の昇降丸鋸盤でカット。
これだと1カット数秒でホイールベース短縮に掛かった時間はわずか2分弱(寸法のを出す為の治具の調整込み)で終了。もちろんカット面は直線なので接着も楽々♪
RIMG1664.jpg


当方はホイールアーチ内側の寸法を目安にカットしました。
元の状態が71mmだったので目標寸法55mm。交差は-0.1mmに抑えましたよ(笑)
RIMG1674.jpg


その他のシャシーの加工ですが図面にはネジ留めの為の穴位置しか寸法が入っていなかったので、ボディーに合わせながら慎重にカットします。
フロントはアンダーガードで見えなくなってしまうので大胆にカットしてもOKですがリアはなるべくボディーと隙間が開かないようにしました。
とりあえず当方がカットした寸法を入れておきますので参考までに。キットによって若干ゆがみ等あるかもしれませんのであくまで参考値と云う事で。フロントはホイールアーチの根本ギリギリからカットし始めます。幅はエンジンパーツの取り付け用ボスがあるので左右違う寸法になります。RIMG1680.jpg

リアは左右対称でいけました。図面では直線的にカットするように指示されていますが当方は斜めカットにしました。
RIMG1679.jpg

未加工シャシーとの比較。アウディーは当時こんだけ短くしてでもなんとかコーナリングを良くしたかったんですね。RIMG1670.jpg


細かい調整はしていませんがビシッとタイヤの位置が出ます。
某メーカーのレジンキットとは比べ物になりませんね♪
RIMG1677.jpg


とりあえずこのまま放置ですが(そのほかに進めないといけない物がありますからね)、早く作りたいな~~もちろんテストカーで(笑)ショートクアトロテストカー
スポンサーサイト
  1. 2010/06/21(月) 23:51:25|
  2. AUDI SPORT QUATTRO

トミカ リミテッド ヴィンテージ ネオ 日産セドリック 230

相変わらず模型は手付かずです・・・そろそろスパート掛けておかないとホビーフォーラム直前にあたふたするんだろうけど。

さて今回はトミカリミテッドヴィンテージの230の続き。
前回一部印刷を落とし、前後バンパーとグルリを交換してなんちゃって黒スタンダードにしましたが今回はさらに一歩進めて見ました。

まずは前列のベンチシートを複製。RIMG1623.jpg
さらにカシメを外したついでにスタンダードグリル(セドリック&グロリア)、前後バンパー・グロリアGLグリル、グロリアスタンダードホイール、ハコスカバンホイールなども複製。IMGP0145.jpg

で、複製したベンチシートを付け内装も黒に塗装しなおしてボディーと合体。スタンダードなのでリアガラスのモールも黒にしてあります。
左は複製したハコスカバンホイールを黒く塗装してナットのみ銀でタッチアップしたもの。
ホイールキャップが外れた状態のようで、このあとクラッシュしそうな雰囲気満載(笑)RIMG1715.jpg

次はグロリアの黒GLとスタンダード。
日本交通のセットの物を使用しハイヤーの白トップ部をガンダムマーカーの消しペンを使い落とします。
その後GLは内装をセドリック2600GXのセパレートシートの物に交換し黒塗装。スタンダードのほうはグリル・ホイール前列シートをスタンダード仕様としています。RIMG1720.jpg

ばらして気付いたのですが、リアシートは高グレードの物が付いています。スタンダード仕様に改造しようかと思ったのですが、黒く塗ってしまえば分からないのでそのままです。

ここからはリペイント物です。
まずは剥離剤で塗装を落とします。当方は塗料用の缶に剥離剤を必要量移し、その中にドブ漬けします。
そうすればボディーを取り出したあと蓋をすればまた再利用できますからね。
そのごスチールウール(ボンスター)で磨いて塗装に移ります。
高校生の頃メタルキット作っていたときの名残ですが、今だったらスポンジヤスリが手軽に手に入るのでそっちでもいいかもしれませんね。RIMG1587.jpg

プライマーを吹き塗装に入りますが、サフは吹いてません。目立った傷や凹みが無かったし後で研磨するのでまあいいかと・・・笑
まずはパトカーです。以前ホビーショーでグロリアパトカーが参考出品されていたので多分出るでしょうけど待ちきれなかったので。230 パトカー

白塗装後マスキングをして黒を塗装。ちなみにサイドのラインですが今回は直線にしましたが、西部警察ではウインカー辺りから上に上がっている車両もあります。その後警視庁ロゴのデカールを作り貼り付けてクリアーコート。
ルーフ上のパーツですが他のトミカを部品取りにするのがもったいなかったので、赤色灯はアクリル、スピーカーはABSで作りました。トミーテックさん出しますよね??RIMG1621m.jpg

犯人役が良く乗っていた白のスタンダードです。手順としては全く同じですがパトカーが真っ白なのに対してこちらは若干アイボリーっぽくしてあります。
ホワイトに少量のグランプリホワイトを混ぜて再現。ちなみにどちらもクリアー乾燥後研き出しをしていますが、他のトミカと並べたとき違和感の無いようにプラモほどは磨いていません。ペーパーは使わずコンパウンドのみです。RIMG1712.jpg

こちらはまだ完成していませんが空港タクシーです。当時230であったのかは不明ですがなかなか映えるカラーリングなので製作中。水色を塗装後マスキングして銀塗装です。ラインは上から3mm1本・1m1本・0.4mm4本です。RIMG1713.jpg

資料としてはトミーテックの担当者さんのブログを参考にしてます。ちなみにモデルカーズ5月号の紹介ブログで当方TA64のことに触れてくれています・・ありがたや!!

トミーテック ミニカー担当者さんのブログ

オマケです。
230のパトカーを作るときに西部警察の写真集なども見返していたので、勢いで作ってみました。
第1話・第2話に登場した米軍最新鋭装甲車レディーバードです。
スケールはもちろん1/64で各部品はABS削りだし。
写真集第一弾に図面が載っていますのでそれを元に、実車と違う部分は実車優先で作っています。RIMG1725.jpg


230と並べるとそのデカさがよく分かります。まだ外観が仕上がった程度なので完成は遠いですが複製するつもりは無いので完成は早いと思いますよ。RIMG1726.jpg

先日トミカリミテッドヴィンテージ5周年記念キャンペーンが終了したのですがメッキ仕様のグロリアスタンダード外れたようです・・・ToT
もう悔しくて悔しくて・・・なぜ本当に好きな人の手元は来ないのでしょうか・・・・??
  1. 2010/06/06(日) 23:30:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:938

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。