MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LANCIA ECV

ビザールからLANCIA ECV1 1986が発売になりました。
ECV2はいまだに店頭で見かけるのですが、ECV1はすぐ店頭から無くなってしまったり入荷すらしない店もちらほら・・とりあえず確保できて一安心。RIMG0930.jpg
印象としてはフロントオーバーハングがあと1mmくらい長いほうがいい感じ、ちょっと寸足らずな印象です。このアングルでは気になりませんが真横から見るとね。
前後のホイールはECV2と共通の物を使っているようですがフロントホイールの凹凸がすこしあっさり気味なのが気になります。それとテールレンズ外側のエア抜きの部分が省略されている。
あといつの仕様なのでしょうか?リアのナンバープレート位置に白地のECVのデカールが貼ってあるのでボローニャショー時ではないし、シートが単座ではないのでジュネーブショーでもなさそう。しいて言えば以前紹介した「auto motor and sport」誌の仕様が一番近いかな(でもそうなるとリアフェンダーの形状違うし・・・)
RIMG0952.jpg
一台分解してみましたがインタークーラーが地面と平行に接着されています。これは斜めに設置されているんですよね本当は・・RIMG0939.jpg
そのインタークーラーへの吸入ダクト形状ですがこんな感じRIMG0951.jpg
実車はというと・・ダクト
ここは唯一いまだに正確な形状がつかめていません。もし鮮明な画像をお持ちの方がいましたら左上のメールアドレスに画像送りつけてください。
ビザール&スパークの製品を買うたびに思うのですが、台座とケースがショボい!!
ダイキャストミニカーではなくレジン完成品とはいえ定価で7000円近くするのにこれはないだろう・・・せっかくいい車種選択してくれてるんだから、HPIやBBRを見習えっつ~の(笑)

しかし43だとS4シリーズがミニカーでこうやって揃うなんて昔じゃ考えられなかったな~(レジンキットなら全部揃いますけど)。HPIのS4モンテはベーンをABSで削り出して付けてあるのでストック状態ではありません、あしからず。RIMG0966.jpg

そういえばイクソプレミアムの1/43 ECVはどうなったのだろう・・・222Dと共に年末発売予定だったのに??
あと先日発見した掲示板↓ですが、ヴォルタのECVいつ完成するのかな~~~。
http://www.forum-auto.com/automobiles-mythiques-exception/section5/sujet378317.htm

せっかくなので久しぶりに1/24ECVを出してきて並べてみました。本当はこのECV完璧ではないのでやり直したいんですよね・・・いつになることやら。LANCIA ECV1
スポンサーサイト
  1. 2009/12/27(日) 12:21:01|
  2. ECV関係

ST165

本日も2つ目の記事をUP。
↓のグループAに絡んだ内容です。

ちょっと最近ST165のことで色々調べ物をしたときに、改めてかっこよいなと思ったのでちょっと作ってみました。
スタジオ27のトランスキットがありましたが買ってません(ToT)。まああのバンパーはちょっと角がとがりすぎで全長も長いので諦めもつきますけど。
とりあえずルナテックのキットからバンパー部だけコピー。もちろんそのままでは使えないので形を修正し使います。バンパー下部の開口部の上下幅が狭いので0.5mmほど広げてあります。RIMG0709.jpg
左右の開口部はケミウッドを使い別パーツ化。RIMG0776.jpg
センター部はABSでつくり枠と格子部を別パーツとして作業性UP。ちなみに開口してないです、どうせ黒くて分からないし。RIMG0769.jpg
グリル部分はABSでベースをつくり。その後彫刻機にてスリットを掘ります。RIMG0624.jpg
パーツをはめてスリットを掘った状態がこれ。RIMG0783.jpg
その後グリル部の上の部分(CELICAってロゴが入ってる部分)も一体にしました。サイドのウィンカーはアクリルで作る予定ですが位置で迷わないようにハイトゲージで位置をケガいておきます。RIMG0846.jpgRIMG0849n.jpg
RIMG0877b.jpg

WRCのメンバーの方から画像を頂いて89年タイプの燃料タンクも製作。RIMG0805.jpg
来年の年間テーマにそなえ89~91までのモンテデカールも揃っているのですが’91のM・デュエツとかはさずがに無いな~。RIMG0891.jpg
  1. 2009/12/19(土) 22:23:56|
  2. ST165

グループA

三栄書房から「RALLY&CLASSICS Vol.01 グループAラリーのすべて」が発売になったので買ってきました。
読み物としては面白いですが、ただ資料としては学研のグループAの時代の方が使えます。
後半飯島さんが出てるんだから、写真提供してもらえばよかったのに・・・ちなみにWRC PULSとレーシングONほとんど持っているので目新しいページが少なかった。RIMG0844.jpg

手持ちのグループAの資料を。
ラリーカーだとゼッケンやステッカーで形状が把握できなかったり、クラッシュやぶつけたりして正常な形でないことが多いので市販車の資料は必須です。フェンダーとかは叩いたりしてるからまるっきり同じとは言い切れないんですが。

まずはトヨタ。ST165専用カタログは無くFFのST162と一緒の本カタログのみ。ST165&205は専用カタログですが見開きのパンフレット状のものです。RIMG0876.jpg

スバルはレガシィとインプレッサ。レガシィは2ℓターボのRS専用本カタログが存在します。それ以外にモータースポーツベース車のRSやRのパンフもあり。RIMG0873.jpg
RIMG0877c.jpg



三菱はギャランとランサーです。ギャランはVR-4専用カタログは無く他のグレードと一緒。ベース車のRSはパンフがあります。RIMG0841.jpgRIMG0869.jpg

日産は1年足らずで撤退してしまったGTI-R。REJIのキットを持ってますが、カタログと見比べると作る気なくします。RIMG0875.jpg

カタログってかっこよい写真が多いのですが3面写真など、意外と必要な写真が少なかったりして。そこで〇〇のすべても購入済み。RIMG0843.jpg

あと新車当常時の雑誌なんかもつかえますから気に入った車種の物は集めています。
こうしてみるとマツダとダイハツが全くないですね。まあキットも無いし。
  1. 2009/12/19(土) 21:50:21|
  2. 散財日記

SUBARU IMPRESSA WRC 2008

待てど暮らせど発売されないインプレッサのキット。
まあ戦績もパッとせず、市販車の人気もイマイチってことで仕方ないか・・・歴代インプを発売してきたフジミもスルーしてるし。

仕方ないのでミニカーを入手しました。
イタリアのMotoramaというメーカーの1/24ミニカー。
まあ価格が15.2ユーロ(日本円で2000円くらい)のミニカーなのでデキはソコソコ、マイスト並かな。RIMG0839.jpg

印象としては前後のオーバーフェンダーが控えめで前後とも2mmくらい広げないと。RIMG0849.jpg

あとヘッドライトはもう少し後ろがつりあがってないと。リアバンパー下部のスリット(ホイールハウス内のエアを逃がすための段差)のラインが実車と違う。RIMG0848.jpg

プラモは無理としてもレジンキットは出てもよさげなんですけどね。ボディー複製して修正し、内装はタミヤのインプから持ってくれば結構いい感じになるかもね。
完成品がなったので車高調整だけしてある初代インプ(ホイールベースはまだ詰めてません)と並べてみましたが、なんかちっちゃく感じるんだよね。こんなもんなのかな??RIMG0861.jpg


追加
先日発売された三栄書房の「WRC PLUS」にホビーフォーラムの記事が載っていました。

http://www.sun-a.com/magazine/details.html?id=3537&bn=1

222Dも小さく載っていたのですが、最近気付いたことが・・・8号車のシートってツートンじゃなく黒一色だった(無理直すのはいいが、シートベルト面倒くせぇ~~)
  1. 2009/12/16(水) 22:03:19|
  2. 散財日記

MITSUBISHI GALANT 5

フロントバンパー開口部を仕上げました。
まずは前回も紹介しましたがラインを整えるため邪魔な部分はすべて削っています。
シャシー取り付け部は残しておかないと後々面倒なので、そこだけは慎重に残します。RIMG0719.jpg
格子部は0.5mmのプラ板を組み合わせて作ります。フロント側は正面から見たときに細く見えるようにテーパー状に削っておきます。RIMG0730.jpg
ボディーに組み合わせるとこんな感じです。ここは最終的には黒で塗ってしまうので、触らない方が賢明ですね。
あと細かい部分ですが、ナンバープレート取り付け部の幅を12mmに幅を狭くしておきました。RIMG0749.jpg
ドアノブですが、型思い押し付けて型をとった後削り取っておきました。RIMG0756.jpg
  1. 2009/12/08(火) 21:16:55|
  2. MITSUBISHI GALANT

MITSUBISHI GALANT 4

↓のBX4TCのホイールに続き本日2個目の記事をUP。

ギャランですがフロントバンパーの修正でてこずってます。中央部のスリットは潔く取っ払いプラ板で作りなおす予定。
ラインが水平出ていないので、簡易的ですが治具をつくりハイトゲージでケガキながら彫ってしまいます。RIMG0705.jpg

バンパー側面のラインも実車と違うのでマスキングテープをガイドに修正。RIMG0708.jpg

続いてリアスポ。まず左右の足とハイマウントランプを削りリアスポの高さを低くします。さらに取り付けのピンが足の内側にあり、モロ見えてしまうので切除。足の中に1mmのABS丸棒を埋め込みます。
リアスポの前後幅も狭いので前側を0.5mm延長。RIMG0728.jpg

ボディー側の穴を埋め新しく穴を開け直すのですが、このときリアスポがキットの位置より1.2mmほど後ろに来るようにします。キットのままだと前過ぎます。
リアスポがボディーに当たるくらい低くすると実車に近くなりますね。
そういえば1000湖のキットを開けて発見したのですが、前期と後期できちんとリアスポを2種類作ってるんですね。
RIMG0734.jpg
  1. 2009/12/05(土) 21:01:32|
  2. MITSUBISHI GALANT

BX 4TC用ターマックホイール 2

自分でも気になっていたし、某氏からの突っ込みもあったのでオフセット調整しました。
まず治具をつくりスポーク部を押してバラします。RIMG0690.jpg

リムですが、矢印の部分の角度を10度から12度に変更し、それによってテーパーの終了部の位置が0.3mmほど奥に行きました。RIMG0691.jpg

さらにスポーク部を0.5mmほど奥に接着することにより、トータルで0.8mmほどオフセットが深くなりました。RIMG0700.jpg

段差部分の角Rも若干小さかったので少し大きめに修正し、サフを吹いて終了。
傍から見れば前回と大きな差は無いように見えますが、分かる人だけ分かってくれれば良いのです(笑)RIMG0698.jpg
  1. 2009/12/05(土) 20:48:04|
  2. ホイール&ベーン

TOYOTA 222D GALLERY

写真イマイチですが、カメラのせいではなくテクニックのせいです(汗)
222D.jpg
RIMG0651.jpg
RIMG0645.jpg
RIMG0661.jpg
RIMG0671.jpg
RIMG0672.jpg
RIMG0669.jpg
RIMG0685.jpg

写真撮ろうとしたら11号車の右フェンダーに付いているウィンカーが取れていた・・・まあプラ板切って貼るだけなのでいいんですが。
初めてこの車両の写真を見て、作ろうと決心してから早16年・・・・やっと形にすることが出来ました。
よく見ると8号車の前後にある小さなステッカー(8と書いてあるやつ)が付いてませんけど。


さてアチコチからキット化しないのか?との話を頂きますが、無くは無いですが今すぐはきついっすね。
まずキット化するとなると一部パーツを作り直したり(ダッシュボードなんか本来の位置からかなり後ろに強引に接着したりしてるし)、パーツを作ったりしないといけません。
トランスキットといっても、11号車をつくるのに必要なキットは
フジミのMR-2・・・・・ガラス、シャシー、内装の一部
タミヤのST185(92’サファリ)・・リアタイヤ、内装の一部
ハセガワのデルタ・・・・・・・・・・・・フロントタイヤ、内装の一部
ハセガワのレガシィ・・・・・・・・・・・ミラー
タミヤのフォードシエラGr.A・・・・・ステアリング
と、かなり必要になりますからね。

複製作業が面倒なので業者に出すとボディーは950円(1個)。ただシリコン代・元型製作費などを含めるとボディー1個だけで4500円程度になります。もちろん別パーツ(テールレンズはクリアパーツ)の複製も頼むと1台分で1万円くらいになります。
また裸で渡すわけにもいかず、箱や簡単な説明書・ヒートプレスパーツ・デカール・発送用の一回り大きな箱・梱包材など1台分1万2千円くらいですかね。

自分で複製作業すべてやれば安上がりになりますが、とてもそんな根気はありません。
さらに販売に関しても、このブログとヤフオクでやる場合すべて当方がメールのやり取りをして、入金確認や発送作業などかなり大変です。
しかも海外からの注文は日本語じゃないので全くわかりません。
日本語じゃないからといってスルーすると「○○には売って、何で俺には売らないんだ」と逆恨みされるしね。

販売を業者に委託すると、当社のレインタイヤを例に出すと7掛け~7.5掛けくらいだからもし2万で売るとしても当方に入るのは1万4千円。1台売って2千円の儲けって・・100台売れば20万ですが、100個複製するとなるとシリコン代などは倍になりますし、100個の複製代(100万近く)をどうやって払うんだという問題が発生します。

まあ何かの機会で複製することがあるかもしれませんので、気長にブログチェックしてください。
  1. 2009/12/04(金) 13:25:56|
  2. TOYOTA 222D

BX 4TC用ターマックホイール

KENさんがHPでBX4TCのホイール画像を探しているとのことで、色々調べて画像を送ったついでに当方も久しぶりにキットを引っ張り出してみました。
いつかストラダーレとワークスカー(もしくはプレゼン仕様)を作ろうと2台所有しています。
RIMG0618.jpg

箱を開けると、昔スターターやプロバンスのキットを開けたときのようなレジン独特の香りが漂います(笑)
しかし一台はルーフ歪んでるし、もう一台はボディーが縮んでるのかシャシーが収まらないし・・・
さらにタイヤ・ホイールを出してみたらタイヤがカチンコチンです。一瞬レジン製?と思わせるほど。
とてもホイールなんか入りそうにありません。

ここで素直に蓋を閉めて元にあった場所に戻せばよいのですが、気になったらすぐにやらないと気がすまない性格なのでターマックホイール製作です。
どうせ当方もキット作るときはターマック仕様で作るし。
で、作るのはこのタイプ。0f26_3 コピー
ちなみにこの車両、ちょっと前に売りに出てたみたいですね。

さてリムですが80年代くらいのフェラーリ辺りがいけそうかなと、キットを物色してみたのですが似ている物が無かったので黒ABSからの削りだし。しかも両面加工してます。リムの淵は幅0.5mmで高さが0.25mmとして、2段目は10度のテーパーをつけたりして、結構凝ってます。旋盤に咥えてスポンジやすりで磨いたのでピカピカ。タイヤはハセガワのデルタ用とかのスリックを使用予定ですが、タミヤのST185用スリックの使用も考慮して幅は12.5mmとしました。(デルタのスリックを使うときは幅を詰めないとね)RIMG0587.jpg

続いてスポーク部分。センターは5穴なのでハセガワのインプレッサから。その周りにテーパーをつけたリングを接着し、24度づつザグりを入れてスポーク部分は0.5mmのプラ板を貼ります。RIMG0594.jpg
その後直径13mmになるようスポークをカットし、外径14mm内径13mmのリングを接着。スポーク部分は彫刻機にて形状を加工。RIMG0600.jpg

完成したスポーク部分をリムに接着。軽くサフを吹いて形状チェックです。(右がキットのグラベル用ホイール)RIMG0616.jpg

早速ハセガワのスリックタイヤをはめて、ボディーに合わせてみます。RIMG0607.jpg
RIMG0612.jpg

若干オフセットが浅いかな?と思いますが、おおむねいい感じじゃないでしょうか。このあとセンター部分のリングがちょっとガタついていたので削って、プラ板から削りだしたリングに差し替えました。あとはスポークの根本が接着剤で丸くなっている部分を突っついたりして。

とりあえず原型は完成しましたが、いつこのホイールが活躍するんでしょうかね・・・しかもプレゼン仕様はホイール違うし。

さてギャランを進めないと。
  1. 2009/12/02(水) 23:57:36|
  2. ホイール&ベーン

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。