MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TOYOTA 222D 31

そろそろあせってきましたよ・・・汗
一番最初に抜いた下半分レジンが回ってないジャンクボディーを型にしてヒートプレスしました。RIMG0177.jpg
ベニア板を彫刻機で四角くくりぬき0.3mmの塩ビ板を使用。
はじめてやりましたが、まあまあうまくいきました。RIMG0181.jpg

ちなみにホームセンターとかでは0.3mmの塩ビ板ってなかなか置いてないもんですね。0.5mmはあるのに・・・
なので今回は会社と取引のある材料屋から買いました。
60cmX140cmというサイズで数十台分は在りそうです。
しかもたったの257円(税込み)!ジュース2本分です(笑)RIMG0182.jpg


ラリーカー関係ではないのですが、当方が原型を担当した我社初のオリジナル商品が今月末に発売されます。
在庫が残っても困るので(そんなに数作りませんけど)、F1に興味のある方は是非ご購入を↓
ttp://www.amc-models.com/p34rain.html
スポンサーサイト
  1. 2009/10/15(木) 22:21:08|
  2. TOYOTA 222D

TOYOTA 222D 30

ブログの更新は滞ってますが、222Dは地味~に進んでいます。
まず内装のシート。当初はTRDってことでアオシマのN2レビンから持ってこようかと模型屋でチェックしてみたが、どうもイマイチ。結局ハセガワの037の物をベースにTRDバケットに改造。しかしほとんど骨にしかならず元の形状がほとんど残っていない・・・RIMG0069.jpg
続いて車高調整をかねた足回り。といってもほとんど見えないのでこんな感じ(笑)
シャシー側に接着剤を塗っておきABSの3mmの棒をホイールにはめて位置決め。位置が決まったら瞬間で固定しその後ABSのブロックを固定して強度UP。トレッド調整のABS製のパイプを接着して終了。ついでに後ろから見えそうなパイプフレームをABSの丸棒にて製作。ちなみに牽引フックはフレーム直付けなので真鍮線でそれらしく工作。
RIMG0067.jpg
とりあえず2台終了。タイヤは8号車がハセガワのデルタ用スリック。11号車はフロントがデルタ用グラベルタイヤでリアはタミヤのレプソルエスコート用。ただミシュランなので(サイドウォールにミシュランのロゴあり・・・)換えたいのだがセリカの92’サファリのタイヤだと小さすぎてはめるのに苦労しそう・・・RIMG0060.jpg
8号車ですがエンジンルーム丸見えです・・・汗
とりあえず037の隔壁付けて、かさ上げした底板の上に4A-G(笑)を載せてみます。ロールバーは1.5mmのABS丸棒。RIMG0021.jpg
途中写真とってなかったので割愛しますが、エキマニは037からその他補機類はABSです。インナーフェンダーは一部割れてますが見えないのでそのまま。ストッキングによるカーボンケブラー風塗装でそれっぽく見えます。RIMG0049.jpg
その後斜熱板やウェストゲート、キャッチタンクをジャンクパーツやABSから作りパイピングをして終了。
決してホビーフォーラムで覗き込んではいけません♪RIMG0073.jpg
  1. 2009/10/09(金) 20:21:08|
  2. TOYOTA 222D

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。