MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ST185

思い出しかのようにS185。
ルーフベンチレーターとミラーにカーボン風塗装をしました。デカール貼ってもよかったのですが曲面で面倒かなと・・・
黒に塗ったあとストッキングでマスキングしてガンメタを塗装。その後スモーククリアーを吹き乾燥後に磨きだしをしました。CIMG6568.jpg

ストッキングはABSで枠を作りそこに挟んでパーツに押し付けて使用しています。しかし大の男がデパートで真剣にストッキング選んでる姿は傍から見ると異様でしょうね(笑)
今回は結構目が粗いタイプを使ってます。

ちなみにパーツは現在つや有りの状態ですが、ここは半艶のほうがドライカーボンぽいですかね?
ちなみにカーボンの参考として我が家にはスーパーGTのGT500用Zのリアフェンダーがあります。CIMG6299.jpg
実戦ではなく05’シーズン開幕前のテストカーに使用されていた本物(裏にニスモロゴあり)。テールレンズまで付いているのに重さ早は約3Kgです。ちなみにUPにするとこんな感じ。CIMG6301.jpgセリカのテスト車はちょっと艶々してるんですよね~。まあ模型らしくてこのままでもいいかな。

そういえばユーチューブにBS○ジの「プラ○つくろう」がUPされていたのでダウンロードして見ていたのですが、なんせ画像が粗くて目が痛くなってしまいました(ToT)
30分ころのやつはほとんど友人がビデオに録画してくれたんですが、1時間のカスタムになってからのは少ししか持ってないんですよね。DVD買うのもしゃくだし、全部DVD化されてない。
どこかで入手できないかな・・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 20:42:32|
  2. ST185トランスキット

TA64 4

なぜかこっちをいじってます(笑)
ヘッドライトですがどうも薄い感じなので0.5mm上下に伸ばしました、ヘッドライトはアリイのXXの物を使用。コーナーレンズ部も加工しておきます。コーナーレンズどうしようかな・・・アクリルから削りだしか?CIMG6552.jpg
その後黒いリムの内側に銀の枠があることに気づいたので、枠を0.3mmのプラ板で作り直しリフレクター部の形状も修正・・・・パテ盛っておおよそ完成。CIMG6558.jpg
フロントバンパーですがナンバー後ろの部分はカタログなんかでもイマイチ暗くて形状が分かりません。スクランブルカーマガジンの81年9月号の目次ページがわりとローアングルからのショットだったのでそれを参考にしました。色が混ざってますが材質はすべてABSです。CIMG6555.jpg
それをバンパーにはめるとこんな感じ。ほとんどXXのバンパーの面影は無いです。CIMG6556.jpg

この部分の画像をネットで探していたら日本車のラリーカーを多くリリースしているビザールから、1/43(レジンの完成品)でRA63のニュージーランドラリー仕様が出るのを知りました。まだ先みたいですけどね。

  1. 2009/03/28(土) 23:04:00|
  2. TA64

TA64 3

まあこっちもボチボチと・・・(ランチア関係はライフワークなんで死ぬまでに完成すればよいかなと)。
フロント部分は総とっかえになるので、ボディーとシャーシをオリジナルの位置で固定できるようにします。
タミヤのXXにはリトラクタブル開閉のバーを通す穴がシャーシに開いているのでそこを利用することに。
まずは7mmの丸棒を突っ込み接着。そこにリングパーツを通しシャーシと合体させて位置が出たら丸棒に接着。その後リブにて補強しておきました。CIMG6536.jpg
位置が出たのでボディー先端部をカットできました。CIMG6538.jpg
続いてバンパー。これはXXのものを芯にしましたがほぼ作り直し。しかも下半分はまだまだです。CIMG6547.jpg
ヘッドライト部分です。とりあえずABSの塊から削りだし、細い部分は0.7mmのABS板に変更。
ヘッドライト本体はどうしようか散々迷った挙句、枠のみ残しクリアパーツの糊代とライトハウジング部を別パーツにしてはめ込むようにしました。CIMG6549.jpg
オマケ
立体資料です。奥のマルボロのやつは今は結構高値になってますね。ドライブタウン(チョロQの倍ぐらいあるプルバックカー)にもTA63セリカがありますが、後期ブラックマスクなんでまあいいかなと。CIMG6540.jpg
  1. 2009/03/24(火) 19:34:22|
  2. TA64

TOYOTA 222D 16

サイドウィンドウの辺りを進めました。フロントはフジミのパーツ使う予定ですが、サイドは初めからキットに入ってません。なのでプラ板を切り出して貼る予定なのですがその糊代を作ります。
Aピラーが複製するには細すぎるので、そこの肉を太くする意味もあります。CIMG6544.jpg
裏はこんな感じ。このあとルーフにも1mmプラ板貼って肉厚を厚くしておきました。CIMG6545.jpg
あとフロントのコーナーレンズですが、未だに何用か分かりません。40系セリカ用っぽいけどちがうし・・・CIMG4815.jpg
とりあえずボディーにアウトラインだけケガキました。型想いで複製してクリアパーツの原型作ったらそれに合わせて掘らないといけませんね~。CIMG6546.jpg
  1. 2009/03/22(日) 23:12:16|
  2. TOYOTA 222D

TA64 2

222Dはボチボチ進んでおりますが、パテ乾燥時間の合間に簡単に?出来そうなのを。
グループ4のRA63やグループBのTA64ではなく、200台発売されたベース車のTA64です。
参加させてもらっているコミュの「WRC」には、完全制覇への道のカテゴリーにストラダーレがあるのでこれもありかと・・・・ただマーキングが面倒なだけ(笑)

まずベースですが60系セリカはXXしかないので必然的にXXに決定。現在新品で入手可能なのはアリイ・アオシマ・フジミです。ただ今回はノーマル車ということで内装が一番良さげなタミヤをチョイスしました。何年か前に再販されたやつですね(ヤマハ・ベールガ付き)
資料としてはTA64のカタログはあるのかどうか知りませんが(あっても限定車なんで薄口カタログでしょうけど)、フロントフェンダーとエンブレム以外にTA63との相違点はないので、TA63系のカタログ数冊とJ’sティーポ1998年4月号(No.63)で十分ですね。
それとモデルアートの1988年8月号にTA64の作例が載ってますのでこれも参考にします。
まずは形が歪まないように左右を繋ぐつっかえ棒を接着し、Bピラー以降をぶった切りクーペにします。またタミヤは後ろに向かってだいぶルーフが傾斜しているのでBピラーの根本をカットして0.5mmほど上げています。CIMG6458.jpgフロントフェンダーのあたりで全長を3mmほど詰めます。実際はもう少し詰めないといけないんですが模型的にこのくらいでいいかなと。もちろんシャーシもダッシュボードで見えなくなる辺りで3mm詰めます。CIMG6457.jpg
Bピラー以降ですが基本的にプラ板による箱組み。プラ板はJsティーポに載ってる3面図を1/24に拡大コピーしたものをガイドとして切り出しています。CIMG6507.jpg

XXとまるっきり違うリア周りはルナテックのTA64のキット(さかつうじゃないのが悲しい・・・)から型想いを使用してコピー。ただですねテールレンズは上下に厚いは、左右対称じゃないは、直角は出てないはでほとんど手を入れてます。ナンバー周りはグループBではカバーが外された状態なのでカタログ見ながらABSで新規製作。ナンバー灯は別パーツで作ります。CIMG6461.jpg
サフを吹いてマスター完成です。CIMG6530.jpg
上がルナテックですが正直このキット作る勇気がありません(笑)。
ホビーフォーラムで完成したセナさんの作品(しかもエンジン付きキット)見ましたが、このキットをあれだけ仕上げられるのは素晴らしいの一言ですね!

今度はちゃんとシリコンで型取りし、複製したパーツをリアに接着。リアガラス部は上側が220R下側が320Rの扇形で切り抜いた1.2mmプラ板。その間を埋めるようにプラ板を接着していきます。左右は中心に向かって斜めに落ちていって中央部はうっすらR形状に盛り上がっています。トランク中央部には出っ張りがあるのですがそれは面を仕上げてから貼る予定です。CIMG6510.jpg

フロントフェンダーですがここはこの車の特徴でもあるFRP製オーバーフェンダーです。手っ取り早く左右対称で仕上げるにはフェンダーをもう一枚上から貼るのが一番いいのでもう一台XX用意します。ただここでタミヤ製は使いません。絶版と言うのもありますがフロントのフェンダーアーチがでかいんです。そこで模型屋でボディーを見比べアリイのXXを買ってきました。アオシマもいいんだけど成形色が赤とかなので・・・しかもグラチャンとかチキチキシリーズだと高いしね。アリイは成形色が白、しかも20%OFFで1260円♪CIMG6520.jpg
実車でバーフェン貼るときと同じように元のフェンダーを切っておきます。ただタミヤのほうがフェンダー下部の形状はいいのでプレスラインから下は残しておきます。CIMG6522.jpg
それに合わせてアリイのフェンダーを切り出し接着。CIMG6526.jpg
あとはタミヤとアリイのフェンダーが自然に繋がるように黒瞬間で修正。アリイのフェンダーアーチはカッチリしすぎているのでフェンダーと滑らかに繋がるようパテを盛ってます。CIMG6531.jpg

まあ222Dの合間にやってるんでどうなることやら・・・フロントなんか全く違うしね(汗)
↓もかっこいいけど、ちょっとジャンルがな~~~。
TA63 DRAG
  1. 2009/03/16(月) 18:42:31|
  2. TA64

TA64

CIMG6329.jpg
詳細は後日・・・笑
  1. 2009/03/14(土) 12:22:14|
  2. TA64

TOYOTA 222D 15

今日は午前中から作業してました。
ixoの1/43がいい刺激になり並べたときに見劣りするのがいやなので今まで気になっていた部分を修正。ある程度形になったものを修正するって結構勇気要ります・・・

まずはフロント。ヘッドライトの間の部分がやや平面的だったので全長がセンター部分で0.5mmほど伸びるようにプラ板を貼り丸くしました。CIMG6465.jpg
正面から。もちろん上部もそれに併せて瞬間を盛り修正。写真をとった後ボンネットのラインも彫りなおしました。CIMG6466.jpg
続いてフロントフェンダー。先日上面を修正したのですが一番外側のラインが実車と違うので0.2mmのプラ板を貼り修正。赤いラインが修正前、青のラインが修正後です。これでフロントが前のめりになってる印象が解消できました。CIMG6470.jpg
さらにリアフェンダー。ここは下部の絞込みが甘かったのでペーパーを掛けて修正。同じく赤が修正前、青が修正後。CIMG6468.jpg
さらにこれはMRー2のカタログを見ていて気づいた点ですがAピラーの根本がストレートだったのでR形状に修正。CIMG6472.jpg
デジカメの接写撮影のピントがなぜかうまく合いません。どうもピンボケっぽくてお見苦しいですが・・・・
  1. 2009/03/08(日) 21:05:50|
  2. TOYOTA 222D

TOYOTA 222D 追記

今週はまったく進んでいません・・・明日は少し製作時間取れるかな。
KENさんのHPにて報告があるかと思いますが、クアトロTK用のホイールのお手伝いなんかをしてました。ホイールを受け取るために先日KENさんに会い、そのとき複製のノウハウを教えてもらいましたよ。

さて222Dですが先日ご紹介した以外に資料があったのでご紹介。三推社のベストカーです。向かって左は2007年5月10日号、右が2003年5月10日号です。CIMG6462.jpg

2003年の方はほかの車種と一緒(マツダのグループSカーなど)にチラッと紹介されているだけですが、2007の方は5ページにわたり特集が組まれています。余談ですがベストカー2003年6月10日号にはマツダのグループSカーが4ページにわたって載ってますのでこちらも要チェックですよ(いずれ紹介すると思いますが)CIMG6464.jpg
あと写真撮りませんでしたがRacing onno2004年12月号(No.385)のなかで3Sについての記事がありそこに11号車と横置きのレストア前の写真が載っています。

それから222D欲しい人には朗報ですが、ixoのレジン製ブランド「PREMIUM X」から1/43で222Dが発売されます。しかも8号車と11号車。オマケにLANCIA ECVまで!!!!まあ1/43の完成品ですが期待大です。まだ発売日は未定ですがモックアップまで行ってるので夏ごろの発売か?国際貿易が輸入・販売するので大手ミニカーショップで普通に買えるはず・・・限定750台だけど。p-x 222d
クソ~~~負けてらんねぇ・・・・つ~か、これ買ったら満足して1/24の製作止まりそう(笑)
  1. 2009/03/07(土) 17:26:47|
  2. 散財日記

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。