MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TOYOTA 222D

またやってしまった・・・ほかのが完成してないのに別のものに手をつけるなんて(見ている方はもう飽き飽きかもしれませんが)
参加させてもらっているWRCの来年の年間テーマがまだ決定ではないのですが、「日本車」になりそうなので日本車と言えばこれですよ。

実は高校生の頃一度作ろうかと思ってキットを買ってみたものの、あまりの違いにあきらめた経緯があるのでいまさらながら燃えてます(そのうち鎮火しますけど・・・)。もちろんベースに使うのは10数年前に買ったキットです。
ベースはフジミのMR-2(AW11)です。テールレンズが前期なのでSV-3を使おうと思ったのですが貴重なのでテールレンズのみ複製していずれノーマルで作ろうかと。ちなみに最近売られているMR-2のキットを見たらTバールーフではなくノーマルルーフになっていました(ヤマダ電機で峠シリーズ3台大人買い)。CIMG6235.jpg
まずはリアフェンダーから。ケミウッドを厚さ5mmの板にして大まかな形に切り出します。ただ後でフロントとの関係で厚み6mmくらいにすればよかったとちょっと後悔。CIMG6238.jpgその後資料とにらめこして左右対称になるよう削っていきます。加工はほとんど240番のペーパーです。イメージがわくようにスケッチ描いたりしてね(一応自動車デザインの学校出てます)。また0.6mmのボールエンドを彫刻機にセットして真ん中に凹ラインを入れます。左右のダクトも彫刻機で。CIMG6242.jpg
その後ボディーのフェンダー部を大きくカットしパーツを貼り付けます。CIMG6243.jpgフェンダー下部はドアに向かって絞り込まれているので別パーツにて製作しボディー上にて合体させます。ドアの後方下のラインが実車と違うのでついでに修正。ドアのモールも削っておきます。サイドステップはこのままでもいいかと・・CIMG6245.jpg
お次はボンネットです。中央部分がへこんでいますのでポリパテを盛り形状出ししたケミウッドを乗せます。一日置き、中のパテが乾燥したあと彫刻機にてエアアウトレットを掘ります。このとき直線で彫らず微妙にカーブ(今回は200mmR)させて深さ1.5mmです。その後後ろ側をカッターとペーパーでなだらかにします。どうもフロントの傾斜が違うようなので0.3mmプラ板を貼り角度修正。CIMG6305.jpg
んで、フロントフェンダー。こちらもリアフェンダー同様大まかな形を出しその後ペーパーにて成形。後方下部は別パーツにて製作します。ちなみにフロントは6mm厚にしたのでリアがボリューム不足です。(奥のが峠シリーズのノーマルルーフです)CIMG6306.jpgで、結局パテ盛り(爆)CIMG6310.jpg

ちなみに実車ですが日本にある白いのとTTEに保管されていた黒いの(通称8号車)は縦置きエンジン&縦置きミッションでほぼ同形状(日本にある白いのはリアウィンドーがブラックアウトされてますが、縦置きの8号車は透明でエンジンルーム丸見えなのでその辺が違うところでしょうか)。去年グッドウッド走ったのは横置きエンジン&横置きミッションの初期型です。TTEに保管されていたのは2台で縦置きと横置きだったそうなのでそれをレストアしたのですかね~?ちなみに現存している2台を見比べるとエンジン搭載方法以外にも外観ではボンネットの開き方が違ったりテールレンズの間のエアアウトレットが違ったり、リアバンパーの形状が違ったりと結構相違点がありますね。222D比較222D比較2
しかし意外と複雑で大変です。トヨタさん試作車なんだからもっと簡単な面構成にして。

ホイール欲しいから、ハセガワさんグループBセリカ出してください。

ホイール欲しいから、さかつうさんグループBセリカ再販してください。

やっぱこっちにしとけばよかったかな↓
1205940845439.jpg

とりあえずボリューム不足のリアフェンダーにパテを盛り、形を出した後0.14mmのプラ板を貼って平面出し。でもイマイチボリューム足りなかったので0.3mmにフライスしたケミウッドの板を貼ってサフを吹きました(この後少しパテ盛ったりしましたけど・・・)CIMG6322.jpg
フロントフェンダー下もリフェンダー同様ドアに向かってテーパーになっているのでケミウッドを削り最後はパテで形にしました。フェンダーのエアアウトレットはプラ板を貼る予定なので一段凹ましておきます。CIMG6298.jpg
とりあえず現状でどうなっているかチェックの意味も込めて、フォトショで気分転換。レーシングオン2004年8月号に真横の写真が載ってるので(ラリーX別冊のワールドラリーコレクションVol.4も真横ですがページまたいでるので使いづらい)、ボディーを真横から写真とって合成してみました。結果ホイールアーチが小さいのとボンネットのボリューム不足ってとこでしょうか。まだまだ先は長いっすね(ホイールどうすんだ・・・滝汗)サイド


昨日の夜中発見したページですが多分オベ・アンダーソン監督の追悼イベントっぽい(日本語以外読めないんで)。なんと222Dの1次開発車両と2次開発車両2台並んでます。222Dのディテール写真も役に立ちそう♪(つっ~かRA40のLBそそられる)→http://board.toyotas.de/thread.php?postid=1625149
スポンサーサイト
  1. 2008/12/17(水) 23:26:40|
  2. TOYOTA 222D

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。