MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LANCIA DELTA S4 STRADALE 12

型が出来上がったので、ボディーの複製をしました。

しかし真空脱泡機を使っても、どうもサイドシル辺りに空気が溜まってしまう。
やっぱりポンプのパワーが足りていない様子。

そこでエア抜きの穴を急遽リアに設けて再トライしましたがどうもダメ。
そこで型の脇にカッターで溝を切り、すべて注入口またはリアのエア抜き穴につなげて再トライ。
でもなかなかうまくいかず、NG品が増えていくばかり(ToT)
どんどん溝を増設してメイク&トライ。
IMG_0888.jpg

まあなんとか複製できました。
ルーフ裏側に気泡があるけど、見えないのでOK。
別に売るわけじゃないし(笑)IMG_0890.jpg

とりあえずストラダーレとして作る分や、86モンテにする分、プレゼン仕様にする分、ECvのベースにする分等複製完了。
ちょうどレジンもなくなったので、複製作業はとりあえず置いといてECVへ移行しますか。
ストラダーレを進めたくても、ストラダーレ用の他のパーツを複製する為のシリコンがない・・・また買わなきゃ。

シリコン&レジン代も馬鹿にならないな~(困)IMG_0894.jpg

NG品のボディーを使ってバキューム用の型を作ります。
キャビンの形状を変えたのでKENさんの窓パーツが合わなくなってしまったので・・もし合えばバキューム型を借りようかと思っていたんだけど。

フロントガラス部分に表からテープを貼り、ボディー内側にグリスを塗ってポリパテを流して硬化させます。
固まってから盛って削っての作業が待ってるんですけどね・・・汗IMG_0893.jpg



そうえいばビザールからECVのバリエーションとして、2010ラリーレジェンドバージョンが出るみたいですね。
デカール替えだけでしょうけど、すでに予約済み(笑)
スポンサーサイト
  1. 2011/04/20(水) 21:43:30|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

LANCIA DELTA S4 STRADALE 11

ボディーの複製に入りました。
粘土埋め・・・ぶっちゃけ、この作業が一番嫌い(笑)

窓枠は内側からテープ貼って済まそうかなと思ったのだけど、先日KENさんから「真空引きするなら粘土で埋めておいたほうが良いんじゃない」とアドバイスを貰ったので、クレオスの粘土2個使ってみっちり詰めました。
その後テーパーをつけた丸棒でダボ打ち。IMG_0882.jpg
IMG_0884.jpg

片面取り終わったら、粘土を取り除きレジン給油口をつけます(ABS丸棒)。
真空引きですが、念のためエアがたまりそうな部分に細い丸棒を接着してエア溜りを設置。
その後離型剤を塗って再びアクリルの枠を組んでシリコン注入へ。IMG_0885.jpg

しかし1/24ボディーの複製すると、両面で1kg以上シリコンを使うんですよね。
以前使った古い方をそのまま中に沈めたり、こま切りにしたシリコン型を入れて嵩を増してはいるんですが・・・


オマケです。
HPIのレガシィ用ターマックホイール2種を複製しました。
同社のデルタとかに使えるかなと思って(笑)
真空脱泡の威力か、ゲートが細くても物が小さくても気泡は皆無。
複製がうまくいくとついつい一杯複製してしまう。IMG_0876.jpg
  1. 2011/04/15(金) 21:25:27|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

LANCIA DELTA S4 STRADALE 10

シャシーの複製が終わりました。
流れとしては粘土を取り、離型剤を塗ってシリコンを流して一晩。

RCベルグの180タイプ(グレー)を流し込んで真空脱泡。
見えにくいですがレジン注入口は2箇所開いてます。IMG_0864.jpg

出来上がりはこんな感じ。シャシーの下にはシリコン。その下の真っ白な板は補強をかねたジュラコンの板です。IMG_0866.jpg
上面(複製時は下側になる)は細かい部分までレジンがきちんと流れ、エッジにも気泡がたまってません。さすが真空脱泡!IMG_0869.jpg

ただ裏側には結構気泡があるんですよね。
一番最初の画像を見てもらうと分かるのですが、型の上にレジンが残ってます。
まず型の周りにテープを巻いて壁を作り、型にレジンを流し込みさらに型からあふれるくらいレジンを入れて脱泡。
この時型の中から空気が抜けてきて、真空状態になると沸騰します。その後コックを開けて常圧にすると、空気が一気にデジケーターに流れ込んでレジンを型の中へ押し込みのですが、型の上にあるレジンが少ないと沸騰したときの泡がそのまま型の中へ入ってしまうからなのです。

対策としては型の上にあるレジンを増やせばよいのですが、この部分は捨てるのでなるべくこの量は少なくしたい。しかしレジン注入口にはレジンの高さを稼ぎたい。
ということでアクリルパイプをカットして、型に固定。もちろん内側には離型剤を塗っておきます。
こうすればアクリルパイプ内だけにレジンが貯まっていれば良いのでレジン量が飛躍的に少なくて済みます。
そしてレジンを流し込み脱泡。IMG_0871.jpg

まあこれでなんとか使えそうなシャシーが出来ました
気泡が入ってしまったシャシーは気泡部分をテープで囲み、余ったレジンを流して再利用(笑)

しかし真空脱泡機がないと全く参考になりませんね。IMG_0873.jpg
  1. 2011/04/13(水) 21:41:58|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

LANCIA DELTA S4 STRADALE 9

複製しようと思ったのだけど、どうもキャビンが低く見える。

真横からの画像を元に寸法を追っているのでルーフの高さなどは間違いはないのだが、どうも窓枠が太いせいで窓が薄くいえてキャビンが低く見ている。
そこで窓枠を少し細くした(赤矢印部)。
もちろんその内側やガラスパーツをつけるのりしろもそれに付随して広げる。IMG_0847.jpg

ボディーの加工をしてパテを盛ったので複製できない。
そこで先にシャシーから複製に入りました。
会社で要らなくなったアクリル板に粘土を盛ってシャシーを固定。
型の位置ズレ防止に丸棒でダボを打つ。
ズレ防止なので結構深めに大量に打ちました。IMG_0845.jpg

IMG_0846.jpg

その後周りを囲んで、脱泡したシリコンを流し込みます。
シリコンを流したら再び脱泡。
通常はシリコンは脱泡しなくても良いのですが、今回は肘掛の部分などエア噛みそうだったので念のため。


  1. 2011/04/10(日) 17:56:21|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE

LANCIA DELTA S4 STRADALE 8

とりあえずボディが出来たのでUPします。
今週末には複製に入りたい。
IMG_0830.jpg
IMG_0838.jpg
IMG_0832.jpg
IMG_0828.jpg
IMG_0843.jpg
  1. 2011/04/06(水) 20:42:25|
  2. LANCIA DELTA S4 STRADALE
次のページ

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。