FC2ブログ

MS0023msbufjsk-51459

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カルソニック スカイライン R31 GTS-R 5

とりあえず完成したので写真をUPします。
ボディーカラーは説明書通りに調色したものとタミヤのブリリラントブルーをプラ板に塗ってみたのですが、
結局ガイアのウルトラーブルーそのままを塗りました。

リアの車高、もう少し落としたほうが実車に近かったかも(笑)

IMG_5483.jpg
IMG_5491.jpg
IMG_5489.jpg
IMG_5486.jpg
IMG_5494.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/08/08(水) 21:11:57|
  2. ハセガワ カルソニックスカイライン GTS-R

カルソニック スカイライン R31 GTS-R 4

完成はしたのですが、その前に作業した点をいくつか。

まずテールレンズですが、実車はクリアブラウンなのでクレオスのスモークに色の源イエローとマゼンタを混ぜてクリアブラウンを作り吹き付けました。

IMG_5345.jpg

開口したダクトにはハセガワのメッシュを貼りつけ。
IMG_5346.jpg

サイドマフラーの遮熱版はアルミテープにリングスクライバーでリベットを表現したものを貼りつけ。

IMG_5348.jpg

あと組み立て時に気がついたのですが、ドアミラーが出すぎていますので、台座を薄く削りました。
塗装前ならボディー側の台座をカットできたのですが…仮組大事。
IMG_5350.jpg

あとヘッドライトが出っ張るので表面を削りボンネットと面一か少し奥に入るくらいにします。
IMG_5351.jpg

ヘッドライトのパーツでいうと後部の黒いモールが省略されてるので、ケガいて黒く塗装しました。
IMG_5352.jpg

ボディーでいうとトランスポンダは黒なのでセミグロスブラックで塗り、ケーブルを伸ばしランナーで追加。
その上からデカールをあえてしわが入るように貼りつけ。
IMG_5354.jpg
IMG_5356.jpg


シャシーは基本説明書通りですが、エアジャッキが白かな~~と??
シルバーのような気もするのですが。
あとマフラーは焼き色を付けて、タイヤの内側をヤスリでガシガシ削ります。
キャンバーがついている車はこうするとすわりが良くなりますからね。

IMG_5392.jpg
  1. 2018/07/30(月) 21:45:01|
  2. ハセガワ カルソニックスカイライン GTS-R

カルソニック スカイライン R31 GTS-R 3

ボディーのクリアー乾燥中にシャシー内装を進めます。
まずAピラーのロールケージがピラーから離れすぎているので、片側1.2㎜(両側で2.4㎜)広げます。

IMG_5269.jpg


厳密にいうと89のカルソニックの場合、ステアリングやセンターコンソール部がキットとは異なりますがそのままにします。
現存しているリーボックを参考にしてるんですかね。
ちなみにこちらが89年筑波のカルソニックの内装。206b165faa.jpg

とりあえずシートベルトのみ旧モデラーズにコンバート。

IMG_5297.jpg

そのままでは寂しいので前後スタビのアジャスターケーブルを追加しました。
エアジャッキのホースとかも追加しますかね??IMG_5302.jpg


インタークーラーにジョイントホースを追加。ハセガワのつや消し黒フィニッシュとメタルックの細切り。
バンパーダクトを開口したので、ブレーキホースも開口しておきます。
IMG_5299.jpg

続いては小物関係。
ヘッドライトは塗装する部分のメッキをデザインナイフとスポンジヤスリで落とし、メッキを残す部分に粘土を詰め込んでマスキング。IMG_5306.jpg

塗装後プロジェクターパーツを差し込み、つや消し黒フィニッシュを貼ると実車に近い感じになります。
IMG_5309.jpg

テールレンズは裏から塗装し、中央のリフレクター部にタミヤの曲線用マスキングをくりぬいたものを貼って、
その上からメタルックで押さえます。
IMG_5316.jpg

ボンネットキャッチピンは当初エッチングに置き換えようと思いましたが、かなり良い形状なので、溝を追加(赤矢印)して黒塗装後シルバーを塗り使用します。
IMG_5310.jpg

最後に前後けん引フックは側面の抜けテーパーを削った後、厚みを薄くするためペーパーをかけ0.5㎜にします。来週中頃までボディーを乾燥させ、その後磨いて仕上げに入れば月末には間に合うかな??
IMG_5312.jpg
  1. 2018/07/21(土) 20:49:27|
  2. ハセガワ カルソニックスカイライン GTS-R

カルソニック スカイライン R31 GTS-R 2

前回いろいろ検証したのですが、ここへきて新事実が。
第3戦のレース・ドニッポン(筑波)からロールケージに1本斜交バーが追加されていました。

比較

なのでこのバーを自作しない限り開幕戦(西日本)と第2戦(仙台ハイランド)仕様しか作れないということになります。
まあR31カルソニックスカイラインが唯一優勝したのが89年の第2戦の仙台ハイランドなので、その仕様で作ることにします。
そうなるとルーフのアンテナですが、アンテナ基部のみ付けることになります(開幕戦はアンテナ有り、第3戦以降はアンテナ無し)

Rd2.jpg



とりあえずボンネットが平面的なのが気になったので(実車のボンネットのCaLSONICの文字を見るとかなり湾曲している)、裏からグイグイ押してプラが白くなるぐらい曲げました。
IMG_5226.jpg
IMG_5227.jpg

フロントグリル下の分割線が無かったので、ガイドを貼りBMCタガネで彫り込んで追加しました。
またダクトのメッシュは、裏からリューターで削り込み開口(ただ開口してメッシュを貼るとメッシュが奥になりすぎるので)

IMG_5229.jpg
IMG_5234.jpg

それとヘッドライトとグリルが分厚く見えたので、0.3mmプラ板を貼り上下幅を狭くします。
36650544_1850336978365785_6864479283818004480_n.jpg

それ以外は筋掘りを深く彫りなおしたくらいで塗装に入りました。
ルーフ裏やサンバイザーの塗装指示がありますが、レーシングカーでは軽量化のために真っ先に外される部品なので、塗っていません。

デカール作業中に資料を見て気がついたのですが、第3戦まではフロントフェンダーのNISMOの下にBE・Xのステッカーが貼られています。
説明書にデカールの貼りつけ指示はないのですが、幸いにもデカールの中にBE・Xがあったのでそれを貼っています。
説明書の指示は多分パッケージの写真を参考にしたのでしょうか?
パッケージ写真はロールケージが追加された状態の第4戦SUGOの4コーナー(登りヘアピン)と思われます。

IMG_5283.jpg

ちなみにこれが第2戦のピットインの時の写真比較2


なんとか月末には間に合わせたい・・・
  1. 2018/07/14(土) 22:51:45|
  2. ハセガワ カルソニックスカイライン GTS-R

カルソニック スカイライン R31 GTS-R 1

ハセガワのR31が某所より届きました。

ぶっちゃけどんなキットなのか検証用なので組み立てる予定ではなったのですが、
勿体ないので組みててることにしました。

キット自体は最近のハセガワらしくとても良く考えられている良いキットですね。
ただ気になる点もあるのでその辺に手を加えていこうと思います。

ちなみにキットは1989年の仕様を再現しています。
キットではリアワイパーを取り付ける指示になっていますが、第3戦レース・ド・ニッポン(筑波)からリアワイパーが外されています。
ですのでワイパーを付ける場合、開幕戦の西日本と第2戦の仙台ハイランドとなります。

1989比較


また最終戦インターTEC(富士)ではフロントフェンダーにクラス(ディビジョン)分けを示すステッカーが貼られていますが、
デカールが入っていないのでインターTEC仕様では作れません(まあ左フロントタイヤバーストでリタイヤですが・・・)

Rd6 c


とりあえず気になるのはホイールのオフセットが浅いのと車高が高い点です。
まずはホイールの加工から。
最初はリバレルを考えていたのですが、どうもうまくいかなそうなので、アオシマのBBS(右)を用意しました。

IMG_5163.jpg

キットのホイールを旋盤で加工しメッシュ部を残します。

IMG_5165.jpg

アオシマのほうはメッキを落とし逆にメッシュ部を貫通させ組み合わせます。
貫通させるついでに、テーパー部分の角度も修正しメッシュ部がさらに奥に行くようにしました。
ホイール幅も10㎜に詰めておきます。
アオシマのBBSの裏からハセガワのホイールを差し込み接着。

IMG_5164.jpg


ホイールができたところで車高調整に移ります。
フロントを約1.5㎜、リア2㎜落とします。フロントはショックとアップライトの付け根をカットして再接着。

IMG_5167.jpg

リアはスプリングの下でカットして再接着。

IMG_5168.jpg

リアドライブシャフトを手で曲げて直線に近くします。

IMG_5169.jpg
(左が加工後)

またホイールのオフセットが変わってしまったので、前後ブレーキの裏側を加工し内側へオフセットするようにしました(右が加工後)
ハブ側のCの突起も削り取りました。

IMG_5170.jpg

下から見るとこんな感じ。
きちんと部品の元の形状を残し、ステア機構も生きています。
リアロアアームもペンチで咥えて手でぐいぐい曲げて上向きにしています。

IMG_5171.jpg

フェンダー裏を薄々攻撃して、シャシー側の車高を落として干渉する部分を削っています。
フロントメンバーやロアアームは無加工で、アップライトとが刺さる部分にプラ板から作ったスペーサーを貼っています。

IMG_5180.jpg


現状こんな感じです。
もう少しリアを落とすか、キャンバーを増やしても良いかもしれませんね。

まあ気が向いたら続きをやります(ほかにやらないといけないこともあるので)

IMG_5173.jpg

IMG_5175.jpg
IMG_5176.jpg
  1. 2018/06/17(日) 09:41:44|
  2. ハセガワ カルソニックスカイライン GTS-R
次のページ

フリーエリア

プロフィール

C水

Author:C水
あれこれ手を出して完成品がまったく増えないブログですがお付き合いくださいませ。

カテゴリー

フリーエリア

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。